晩婚化が進む日本では、近年「結婚に焦る女性」が急増中。なぜ女性だけかというと、やはり妊娠・出産にはタイムリミットがあるからですよね。将来的に子どもが欲しいと思っている女性なら、リミットを考えずにはいられません。

その一方で、「お付き合いしている女性がいて、結婚も考えているけど踏み切れない男性」も急増しています。日本人男性は今、結婚に対して否定的なイメージを持っている人も多く、「結婚は考えていない」という男性も急増しているんです。

そんな中、男性に「今付き合っている女性と結婚しよう!」と思わせるには、それなりの決定だが必要。つまり、女性はその決定打を押さえる必要があるんですね。

そこで今回は、男性が結婚に踏み切れない女性の特徴をまとめてみました。当てはまっていたら、彼氏が結婚に踏み切ってくれないのは、あなたに原因があるのかも・・?

仕事に趣味に友達付き合い・・とにかく多忙!

最近は女性の社会進出がどんどん進み、仕事に打ち込む女性が増えてきましたね。男性に負けず劣らずバリバリ働く女性も多いです。そして、仕事が忙しい女性でも、趣味や友達付き合いは欠かさない・・というマメな女性も多いです。

端から見ると、すごく充実した独身生活を送っていて、とっても魅力的な女性に見えますよね。でも、結婚を考えている男性目線で見ると、結婚に踏み切れない理由になってしますのです。

忙しい女性には隙がありません。隙がない女性と一緒にいても、男性は心が休まらないのかもしれませんね。もし結婚を考えているけど仕事をバリバリしていて忙しいという女性は、少し仕事量をセーブして、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

仕事が安定していない

これは先ほどとは真逆の意見ですね。ですが、転職を繰り返していて定職に就いていない女性も、男性が結婚に踏み切れない女性の特徴です。

最近は、ほとんどの男性が結婚後も女性に働いてほしいと考えていて、共働き思考が浸透してきています。すると、定職に就いていない女性は、妊娠・出産で仕事を辞めてしまうリスクがあり、結婚に踏み切れないようです。

また、彼女が定職に就いていたとしても、「結婚したら仕事を辞めたい」と公言していると、結婚に踏み切れない男性も多いようですね。

自分の収入に自信がなかったり、家族を養っていくプレッシャーを考えると、経済的観念で結婚に踏み切れないのも納得出来ます。

職場によっては寿退社が当たり前の職場も少なくはないですよね。

両親と仲が悪い

結婚となると、今までの単なるおつきあいとは異なり、家族同士のおつきあいになっていきます。実際に夫の家族と妻、妻の家族と夫が交流する機会も必然的に増えますよね。

そんな中、嫁姑の仲が悪いと、結婚生活を送る上で男性の負担が増えることが目に見えているので、結婚を躊躇する男性も多いです。逆に、男性が彼女の両親を良く思っていないと、「彼女とは結婚したいけど、彼女の家族と付き合うのが嫌」という理由で結婚に踏み切れないようですね。

良い嫁を演じる必要はないかもしれませんが、姑になるかもしれない彼氏の母には、気に入ってもらった方が結婚への近道になりそうです。

嫁姑問題に巻き込まれたくないという男性が大半ですよね。女性視点から見ると、間に入って上手くコントロールしてくれないと困るのですが・・なかなか難しいものです。

金遣いが荒い

結婚すると、当たり前ですが生活は共有することになります。いくら共働きが普通になってきているといっても、生計を立てる上で、男性の方が金銭的負担が大きい家庭が圧倒的に多いですよね。

そんな中、まだ独身だといっても、バッグや財布、時計など高価なブランドものばかり身につけている女性や、洋服の買い物が頻繁、旅行にもお金を派手に使うなどの「金遣いの荒さ」が垣間見える女性は、結婚に踏み切れないという男性が多いです。貯金が全くないという女性も、彼氏に知られたら結婚から遠のいてしまうかもしれません。

結婚すると家計を一緒に管理して、貯蓄の計画なども立てないといけないわけですから、金銭感覚がある程度一致していることは重要なポイントですよね。

性格がキツい!

男性が結婚に求めているものは、お金でも容姿でも生活の安定でもなく、「癒されるパートナーと一緒に過ごしたい」ということなんです。つまり、女性に癒しを求めているということ。

毎日仕事に行って、社会で戦っている分、家に帰ったら穏やかな空気で迎えてほしいと思うのは、誰しもが共感出来ると思います。でも、付き合っている彼女が性格のキツい女性だったら・・・

白黒はっきりしていて、すごくサバサバしたすてきな女性に見えて付き合い始めても、彼女が自分の意見を全否定したり、一方的に怒られるようなことが続くと、彼も冷めてしまうのかも。

かかあ天下くらいの方が家庭は上手くいくという人も多いですが、やっぱり相手を思いやったり、時には立てることも重要。それは彼とだけではありません。誰と付き合うにしても、人間関係を築く上で重要なスキルです。

そういった細かなケアが出来ない人とは、この先の人生ずっと一緒にいたいとは思わないのは明らかですよね。思いやりの気持ちを忘れてはいけません。

浮気の経験がある女性は絶対NG

浮気経験がある女性は意外に多いというのをご存知でしょうか?ばれていない女性も恐らくたくさんいることと思いますが、まず、付き合っている男性に浮気がばれた時点で、その人との結婚はなくなったものと思いましょう。

ただの「若気の至り」だったとしても、浮気された男性の心には大きな傷が残っているもの。関係修復が出来ていたとしても、男性は浮気経験のある女性との結婚にはなかなか踏み切れません。

この場合、改善の余地というのはもう既になく、踏み切ってくれるのをじっと待つか、早々に結婚は諦めて次の相手を捜す必要がありそうです。

一度裏切られた経験は、なかなか水に流すことは出来ないものです。決して「昔のことなのに・・」などと男性を責めてはいけませんね。

この先ずっと疑ってしまうかもしれない・・その気持ちは男女関係なくありますよね。そんな罪悪感に苛まれながらの結婚生活が幸せなはずありません。

家事が全く出来ない・・

日本では、家事は女性が担っている家庭も少なくはありません。そんな中、実家暮らしの独身女性で家事は全く出来ない・・なんて人も増えてきています。昔は良く聞いた「花嫁修業」なんて言葉も聞かなくなりましたよね。

料理・掃除・洗濯・・家事と言ってもその内容は様々ですが、生活する上で絶対に必要なスキルが欠落していると、男性はその女性との結婚には踏み切れません。

手料理を振る舞えない、洗濯なんてしたことがない、掃除が出来ないからいつも部屋が汚い・・そんな女性は要注意。花嫁修業が必要なようです。

家事の中でも料理ができることは重要なポイントのようですね。体は資本ですから、そのために必要な食事がきちんと用意出来る女性であるということが求められます。

おわりに

いかがでしたか?当てはまった女性は、そのせいで彼からのプロポーズが長引いている可能性も否定出来ません。

結婚をあまり慎重に考えすぎるといつまでたっても結婚なんて出来ないよ!と思うかもしれませんが、あんまり簡単に「結婚しよう」と口にする男性も信用出来ませんよね。

あなたとの結婚に慎重になるということは、それだけ彼が結婚に対して真剣に考えているということ。なおせる部分はなおして、幸せな結婚生活に向けて一歩踏み出してみましょう。

この記事を書いたユーザー

caco* このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライターになりました!
2015年1月生まれの男の子と、2016年10月生まれの女の子のママです!
ブログでは育児日記を中心に更新中*

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら