別れ話って、フる方もフラれる方も気持ちのいいものではありませんよね。大好きだった人との別れ。別れようと心に決めていても、気持ちが揺らいでしまうこともあるものです。

しかし、怒らせたくない・嫌われたくないなどという気持ちを持ったまま別れ話をすると、良いことはありません。別れ話がこじれて、伝えたかったことが伝わらないなんて可能性も・・

そこで、別れ話がこじれてしまう最悪の別れ話の切り出し方をまとめてみました。別れ話を切り出す時は、十分注意しましょう。

① 遠回しな別れ話

別れ話を切り出す時に、遠回しな言い方は絶対NGです。例えば、「ちょっと距離を置きたい」なんて言うのがこのタイプですね。

別れ話として使っている人も多くいると思いますが、「距離を置く」というのは何とも曖昧な表現です。言われた側は、本当に「距離を置くだけ」と思っていうる可能性も。

そのままフェードアウトも良くある展開ですが、相手によっては「いつまで?」なんて答え方をされることも・・

もしも相手が「本当に距離を置くだけ」と思っていて、また会いたいと言われるのを待っていたら、「別れを告げられた」と気付くのに時間がかかりますよね。

新しくすてきな人に出会ったとしても、別れたのかわからない状態が続けば、新しい恋に躊躇してしまうこともあるかもしれません。遠回しな言い方は、相手の時間を無駄にするだけで何も良いことはありませんよ。

② デートした直後に告げる

最後にすてきな思い出を作りたいから・・なんて理由で、楽しくデートをする人もいます。その直後に別れ話・・切り出す方はすっきりするかもしれませんが、楽しくデートした後に別れを切り出されるなんて、切り出された方は納得出来ませんよね。

この切り出し方は、自分勝手な別れの切り出し方NO.1です。別れの前に楽しい思い出なんて必要ありません。最後くらい、相手の気持ちを考えて別れを切り出してあげましょう。

③ 別れを告げる側が泣いてしまう

別れ話を切り出したことがある人の中には、話している途中で泣いてしまったことがある人もいるのではないでしょうか?

別れを切り出しているのは自分なのに、なぜか涙が出てしまう。共感出来る人はたくさんいると思いますが、切り出される方からすると「何であなたが泣いてるの?」と思ってしまいます。

「泣く程好きなら別れなくても良いじゃない」と言われて、別れ話が白紙に戻ることも少なくはありませんよ!

④ 「嫌いじゃないんだ」という

別れ話をする時に「嫌いじゃないんだ」という人、確かにいますよね。「まだ好きなんだけど・・」と嫌いになったわけじゃないことを強調する別れ話の切り出し方は、話がややこしくなりがちです。

別れ話を切り出された側は、「嫌いじゃないのになんで別れるの?」となりますよね。「まだ好きなら、もう一度関係修復に向かって頑張ろう」なんて言われたら、もう別れる方向へ進めることは出来ません。

もし、好きな気持ちが残っているんだとしても、別れ話を切り出す時は「好きじゃなくなった」とはっきり言いましょう。

⑤ 一方的に言うだけ言う

「別れよう」という決断が2人の意見としてまとまらない限り、別れ話はどんどんこじれていきます。一方的に「別れてください」と告げたとしても、相手が納得していないと、何度もしつこくメールが来たり、アポなしで会いにこられたり・・迷惑行為に発展することも。

カップルというのは対等な関係ですから、自分の気持ちだけを自分勝手に押し付けてはいけません。きちんと話し合い、納得してもらう必要がありますね。

自分にはもう気持ちはないから、付き合い続けるのは無理という気持ちは、とてもよくわかります。お互いに好きという気持ちがないと恋人関係は続けられないですよね。

しかし、それを一方的に伝えるだけでは、正しい別れ方はできません。一方的に別れ話を突きつけたひとほど、あとになって「会いたい」なんて言い出すことが多いのは、相手がまだ自分のことを好きだと錯覚しているから。

2人が納得した別れなら、「会いたい」なんて軽々しく言えないですよね。先に進むためにも、相手の同意は必ず必要なんですよ。

⑧ メールやLINEで告げる

最近は、スマホを持っている人が大多数ですよね。恋人とのコミュニケーションも、きっとスマホでとっている人が多いと思います。

しかし、別れ話という重要な話だからこそ、会って話すべきです。ましてやメールやLINEで別れを伝えると、その後ややこしくなる可能性が高くなります。

会って話していない分、相手に本心は伝わりにくいですよね。言いにくいことも言いやすいというメリットはあるかもしれませんが、別れ話がまとまりにくくなることも事実です。

私も別れ話を電話で伝えて、そのまま3日間くらい話が進まなかった経験があります・・会って話すことでタイムリミットもありますので、電話やメールでの別れ話は心からおすすめしません。

LINEで別れ話をすると、その時の内容が後から何度も見れてしまうのもデメリットになりますよ。あとから共通の友人に別れ話の内容をばらまかれたりする場合も少なくありません。

また、別れ話をメールでする人は、告白する時もメールの確率が高いですね。どちらにせよ、「大事な話を会ってはなせない人」として評価は最悪になってしまいます。

相手の顔を見ないで言い分、楽な面もあるかもしれませんが、大事な話は決して楽に伝えてはいけないんです。

まとめ

いかがでしたか?別れ話が長引いたり、そもそも別れられずに丸め込まれてしまう可能性も否定出来ません。納得出来たなら話は別ですが、せっかく別れ話を切り出したのに、結局別れられないんじゃ意味がないですよね。

別れというのは自分だけではなく、相手にとっても重要なターニングポイントだということを理解しなくては行けません。相手のことをきちんと考えて別れを切り出しましょう。

この記事を書いたユーザー

caco* このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライターになりました!
2015年1月生まれの男の子と、2016年10月生まれの女の子のママです!
ブログでは育児日記を中心に更新中*

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら