株式会社リクルートホールディングスが2017年の住まい、社会人学習、キャリア、若年雇用、アルバイト・パート、進学、飲食、美容の8領域についてトレンド予測を発表しました。「リビ充」など聞き慣れないワードもありますが、話題になりそうです。

発表された2017年トレンド予測キーワード

「リビ充家族」(住まい領域)
「子けいこパパ」(社会人学習領域)
「ライフフィット転職」(キャリア領域)
「育成枠採用」(若年雇用領域)
「パズワク」(アルバイト・パート領域)
「Live(ライヴ)ラリー」(進学領域)
「おいし援」(飲食領域)
「バーバー新時代」(美容領域)

出典 http://www.recruit.jp

住まい領域では、リビングを充実させる「リビ充」というライフスタイルがトレンドとなりそうです。これまでの住宅ではリビング・部屋と役割を分けていましたものが、2016年の調査によると「リビングの広さ」はゆずれないという結果に。また、家族間のコミュニケーションが見直されていることもあり、新しい住居では大きなリビングで1日の大半をすごし、各部屋は寝るための「寝室」として使うように変化していきそうです。

その他の領域では、子育てをきっかけにおけいこゴトを始める「子けいこパパ」、生活に合わせた働き方を実現するために転職する「ライフスタイル転職」、伸びしろを期待して企業が若手の採用を増やす「育成枠採用」、個人のチカラをパズルのように組み合わせて職場づくりをする「パズルワーク(パズワク)」、アクティブラーニングを実践する図書館や学習施設「Live(ライヴ)ラリー」、ご当地グルメを食べて気軽に応援する「おいし援」、男性向け理容室を美容室から呼び戻す「バーバー新時代」など2017年も大きな変化の年となりそう。

すでに流行の兆しも

2017年トレンド予測の発表を見たネット上の人々の反応を見てみると「(リビ充に対して)うちじゃん」とすでに「リビ充」を体感している人や、バーバー新時代に対して「いいな」といった流行しそうな新しいサービスに対して魅力を感じている様子です。

2017年は「個性と消費」の時代へ

リクルートのトレンド予測を全体を通して見えたのが「個性と消費」への考え方の変化。占いで言われている「世相」にも通じる部分があったのでご紹介します。

2017年は「丁酉」の年。干支占いでは「終わりと始まりの分岐」と言われており、結婚や離婚する人が増えて自分らしさを大切な年に変化していきそうです。結婚が多くなることで、女性の社会進出と子育て、より自由度の高い働き方やライフスタイルの見直しが増えていきそうですよね。多くの個人の考え方や需要に順応するように、企業をはじめ社会全体が再構築されていきそう。

2017年は「結婚ブーム」到来?

九星気学の観点から2017年を見ると「一白水星の年」となっており、同じ一白水星の年は驚くことに、1981年ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚、1990年は秋篠宮殿下と紀子妃の結婚と続いており、2017年にも期待が高まります

ちなみに2016年は「九紫火星の年」で「自己中心的な行動で名誉が傷つく年」とされており、年始にはゲス不倫発覚、そして舛添都知事の公私混同による辞職、先日はノンスタイル井上のひき逃げなどが思い浮かび、いずれも自分勝手な行動から火がついて炎上してしまったように思います。来年は「水」の年なので、問題はゆっくりと収束していきそうですね。

占い師・ゲッターズ飯田さんが各種メディアで、2017年は和装の結婚式をすると運気があがるというコメントもしているので、こちらも話題になりそうです。

いかがでしたか。2017年はどのような年になるのか、あらゆるデータで予想してみるのも楽しいかもしれませんね。

参考文献

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら