この計算問題が解けるかな?

出典 https://www.facebook.com

中国のSNSサイトで話題になった花を使った計算問題が、アメリカでも話題になっています。
理由は、一見簡単そうに見える問題が、実は多くの人をイライラさせているから。一発正解できた人は、鋭い眼力と確かな洞察力の持ち主、、、かも。

まず、みなさんも解いてみててください。

では 一緒に解いてみましょう。

出典weibo.com/u/1678105910

赤い花3本で60.ということは赤い花1本が20.

出典weibo.com/u/1678105910

赤い花は20なので残りは10.ということは青い花は5と言うことになります。

簡単ですよね。

出典weibo.com/u/1678105910

青い花が5なので、黄色い花は2ということになります。これまでは赤、青それぞれ1本ずつ問題に出ていますが、ここは2本。
とうことで黄色い花は1本が1と考えられます。

では計算してみましょう。

1+20×5=101

はーい、できました!と思ったら ぶーーーっ!間違いなんですって。
いったいどういうこと?

他には、答えは84、82、81.102という答えも投稿されています。

いったい何が正解なの?

ヒントの投稿が!

出典 https://www.facebook.com

ん?花びらの数が5枚と4枚?

なるほど・・・気づきませんでした。みなさんは気づきましたか?

1+20×4=81 ということで 正解は81でした!

10才の子供が84と答えたという人もいました。彼女はちゃんと花弁が4枚だったことに気付いていましたが、黄色い花は一つの花に見えたということで、2。ただ残念なことに先に足し算をしてしまったので不正解でした。

子どもの目はちゃんと花弁の数の違いに気付いていたのですね。

ちょっとなぞかけみたいな計算問題でしたが、友達と集まった時に、話題にしてみると盛り上がるかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス