みなさんは、「AV女優・男優はお金をもらって出演しているのだから何をされても仕方がない」と思っていませんか。

1. AVの業界にはまだAV実演家を守る団体がない

企業と一個人。どちらが強いかは一目瞭然。仕事を断ったら、次の仕事がなくなってしまうかも。これは嫌だけれど拒否したら報酬がもらえなくなるかもしれない。AVの業界には、まだ個人事業主(出演者)が言いたいことが言えない空気があります。

2. 元・AV女優の川奈まり子さんが団体を作ることを決めたわけ

川奈まり子さん

出典 https://readyfor.jp

作家の川奈まり子さんは、12年前までAV女優として400本以上の作品に出演していた元・AV女優です。川奈さんが、AV実演家の団体を作ろうと決めたのは、ある噂を聞いたからだと言います。

「出演を強要されているAV女優がいる」。

現在、AVの監督と結婚され、お子さんをもうけて普通の生活を送っている川奈さん。
AV女優の世界にも悪い印象はなかったと言います。すぐには、その噂を信じることができなかったそうです。

出典 http://www.photo-ac.com

※ご本人ではございません。

ただ、400回以上の出演のうち、1度だけ、強姦されそうになったことがありました。
すんでのところで切り抜けることができましたが、川奈さんは考えると言います。
「あの時、そのまま強姦されていたら…」
今の幸せな家庭生活はおろか、精神も、身体もボロボロになっていたに違いありません。

そして、あの時の川奈さんのようなことが実際に起こっているのだとしたら。
川奈さんは同じAV実演家として、そんな事件を未然に防ぎたい!と強く思ったのです。

3. AV実演家を守る団体の具体的な活動とは

1)AV出演者の権利を守る業務委託契約書を作成
2)会員向けの相談窓口を開設。弁護士やカウンセラーを紹介
3)AV引退後のサポート

4. AV実演家のための団体「AVAN」設立費用をクラウドファンディングで募集

川奈さんが声をあげ、AV実演家を守る団体を作ることになりました。今回の団体設立費用をクラウドファンディングサービスReadyforにて募集しています。

5. AVに出演しているからといって人権を無視して良いと思いますか?

AVも、普段見るような映画も、一体何がどう違うのでしょうか。「作品」であることには変わりなく、女優や男優もお客さまのために「表現」をしているのです。AV女優は、「作品を作っている」のです。「お金をもらっているから何をされてもいい」などということはありません。元・AV女優の川奈さんの力強い「団体の旗揚げ」、ぜひ応援したいですね。

この記事を書いたユーザー

Readyfor このユーザーの他の記事を見る

日本最初・最大のクラウドファンディングサービスです。いろいろな想いのあふれるプロジェクトがたくさんあります。感動体験、お得情報をお知らせできればと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • 社会問題
  • 育児
  • エンタメ
  • カルチャー
  • 感動

権利侵害申告はこちら