孤児になった子猫が生き延びられる確率はごくわずかです。でも、その確率を乗り越えて生き延びて、永遠の家を見つけた子猫ケシャ。

出典 http://www.lovemeow.com

ケイシャ

ケイシャは保護猫です。ケイシャのママと兄弟たちは生き残れませんでした。

「私がケイシャの新しいママです。」とララミー・エバンズさんは言いました。

出典 http://www.lovemeow.com

ララミーさんとケイシャ

「私は6回の脳腫瘍を体験した生存者です。私は看護師でした。でも、今は身体障害者です。ケイシャは私にとって完璧な気晴らしとなってくれました。」とララミーさん。

ケイシャはあるオフィスの近くに捨てられてて、瀕死の状態でした。ケイシャ以外は生き残れませんでしたが、ケイシャだけは生命力が強かったのか奇跡的に生き延びることができました。

出典 http://www.lovemeow.com

生命力が強かったケイシャ

ララミーさんは、一度もなったことのない母親に初めてなりました。

ケイシャが無事成長するようにと、ララミーさんが一生懸命育てました。

ララミーさんもケイシャと同じように生存することができた人です。

出典 http://www.lovemeow.com

ケイシャはララミーさんに育てられました。

ララミーさんは7年間、脳腫瘍と闘ってきました。

「ケイシャは私を夢中にさせてくれます。ケイシャは私を忙しくしてくれ、笑わせてもくれます。」とララミーさん。

出典 YouTube

ケイシャはララミーさんを笑わせてくれます。

「長年の闘病生活で、私は自分が看護師であったことを忘れています。看護師をしていた時代が懐かしいです。だから、小さな私の天使の世話をすることは喜びとなっています。」とララミーさん。

出典 http://www.lovemeow.com

ケイシャの世話をすることでララミーさんの長い闘病生活での気が紛れています。

リトル・ケイシャは立派に成長することができました。

今ではバスルームの洗面台にぴったりとはまっています。

出典 http://www.lovemeow.com

成長したケイシャ

「でも、ケイシャは自分のことをまだ赤ちゃんだと思っています。彼女は1日に何度も私の胸や肩に上がってきて、自分の足を抱きしめておっぱいを飲むように吸っています。」

ララミーさんとケイシャが出会って6か月が経ちました。

出典 http://www.lovemeow.com

ララミーさんに甘えてくるケイシャ

獣医によると、早いうちに母親から引き離されて孤児になった子猫は時々そういうことをやるそうです。たぶんそれは一生続くだろうということでした。

「ケイシャがそれをするときは私が一緒にいる時だけです。」とララミーさん。

出典 http://www.lovemeow.com

互いに必要な存在となっています。

「ケイシャはたぶん生まれてからもう7か月は経っていると思います。ケイシャが発見された時、獣医はケイシャは生き残れないだろうと言いました。でも、ケイシャはこうして生きています。」

出典 http://www.lovemeow.com

出会った頃のケイシャ(左) 現在のケイシャ(右)

セカンド・チャンスをケイシャとララミーさんは一緒に生きています。

出典元

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス