2011年10月にくも膜下出血で倒れたKEIKOさん。5時間もの手術は無事成功し、早期発見だった事もあり一命を取り留めました。しかし、後に後遺症として深刻な記憶障害が残った事、そしてglobeが無期限活動休止となる事が発表されました。

退院してすぐ、小室さんの提案で「リハビリの為」とTwitterを再開していたKEIKOさん。文字を書くのに苦労している様子でしたが、ファンへ少しづつ近況を伝えていました。

そしてTwitterでは、自分が歌手だった記憶を失ってしまっている事も綴られていました。

それでもいつか、その歌声を再び聞けるかもしれないと、KEIKOさんのつぶやきをファンは見守り続けていました。

しかし時折、お気に入りのTV番組を楽しみにしている様子がつぶやかれてる以外、毎日午後10時から11時ごろにかけて「お休みなさい」という一言が投稿されるだけの日がほとんど。

今年に入ってからは「おやすみなさい」の一言だけの更新がずっと続いていました。そんな中、11月22日の結婚記念日には、ファンから多くのお祝いメッセージが届いたことを受け、お礼の投稿が。

小室さんのお誕生日に奇跡とも思える投稿が

そして小室哲哉さんの58歳の誕生日である11月27日、本当に久しぶりに、近況がつぶやかれました。

そしてその投稿から5分後、再び投稿されたつぶやきがファンを驚かせました。そこには、KEIKOさんと小室さんの、夫婦仲良く映る2ショット写真が。

写真つきの投稿も久しぶりですが、何よりKEIKOさんが自分の写真をTwitterで公開したのは、病で倒れて以来初めての事。

これには「最高の2ショットですね!」「 嬉しすぎて言葉がでません……」「何より二人の姿が観られるのが私たちファンの一番の幸せです!」「もう号泣」「素敵な写真☆お2人の姿に安心しました!」とファンから喜びのコメントが。

そして続けて、花束を持ったKEIKOさんと小室さんが、2人一緒にバースデーケーきを見つめるショットも投稿されました。

何もなかった2014年の小室さんの誕生日

昨年の小室さんの誕生日には、KEIKOさんからストールをプレゼントされていた小室さん。

KEIKOさんが自分の誕生日を覚えていてくれた事を、驚きと喜びと共にこう語っていました。

何もなかった2014年、突然のプレゼントを渡された2015年。そして今年は、同じ気持ちで同じ時間を過ごせた誕生日。実は小室さんも、KEIKOさんと同じ写真を自身のインスタグラムに投稿していました。

「Happy Bday with keiko27th NOV.2016」

と書かれたこの日のコメント。「with keiko」に泣けてきます。

globeのともしびを消さぬようKCOが元気になるまで…

小室さんのSNSでは、時折、KEIKOさんの様子を見る事ができます。

「いつかまた一緒に歌いたい」という気持ちと、それを望みすぎては辛くなるという思い、揺れ動く気持ちをファンにも隠さず伝えて続けています。

2012年には、KEIKOさんの復活を信じて、2人での活動を再開すると報告。

ふざけたりするだけでも奇跡だね

僕は桂子が倒れたときから、しばらくは感情を吐き出せなく、笑顔もなく、ひとり病院の廊下で涙をただこぼすだけでした。

出典 https://twitter.com

昨年8月9日、globeデビュー20周年記念イベントで、倒れて以来初の肉声と直筆のメッセージを披露したKEIKOさん。「いつかあの歌声を」と望んでしまう気持ちもありますが、小室さんとKEIKOさん、お二人が穏やかで幸せな愛日を過ごしている事が、ファンにとっては何よりも大切な事。

globeの曲を聴いて力をもらった多くのFANたちは今、2人の愛情溢れる日々から再び、愛溢れる優しい気持ちを受け取り続けています。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス