1995年に一人のタイ人女性によって設立された…タイ・チェンマイにある象の保護施設「Elephant Nature Park(エレファント・ネイチャー・パーク)」で撮影された

やんちゃな子象が井戸に落ちてしまわないように、しっかりとガードする母象の姿!

これが、「子を想う母の気持ちは人間だけではなく、動物も同じなんだな。」と気付かされる…とっても素敵な光景だったので紹介したいと思います。

コンクリートで囲まれた井戸。小ぶりとはいえ、その深さは3m以上もあるそうで、落ちたらひとたまりもないのですが、水浴びが大好きな赤ちゃん象“Dok Rak”は、危険なんてお構いなし!凄い勢いで井戸の方へと走っていきます。

すると、瞬時にダッシュを見せ、鉄壁の守りを見せた母象。

井戸の前に立ちふさがり

「ここは危ないから近寄ったらダメよ」

と、Dok Rakに注意を促します。

「水浴びさせてよ!」

と願うDok Rak。しかし、母親は井戸にまたがり、Dok Rakを寄せ付けません。

「わかったよ!もういい!」

と言ったかどうかはわかりませんが(笑)、井戸から離れるDok Rak。

そしてフラフラと歩きだすのですが、その間も、母象。Dok Rakを完全マーク!(笑)

ん!?諦めた!?

コチラ側へと向かってくるDok Rak。

と、ここで一気に方向転換したDok Rakは

井戸へと猛ダッシュ!(笑)

しかし、こんなこともあろうかと、目を光らせていた母象は、Dok Rakの前に立ちふさがり、またもディフェンス成功!

その姿、どう見ても人間と同じですね。(笑)

母象「落ちたら危ないから近寄っちゃダメ!」

Dok Rak「なんでだよ!もう!」

そして、落ち込むDok Rakをなだめる父象。(笑)

では、体を張ってDok Rakを守る母象の姿。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

母は最強のディフェンダー。これはDok Rak。諦めるしか無い!(笑)

ちょっと過保護な気もしますが、そのおかげで無事にすくすくと育っているDok Rak。やはり、子を想う母の気持ちは、動物も同じなんですね。

突然の猛ダッシュも、まるで予期していたかの如く、最短ルートで死守した母象。(笑)これはDok Rak。もう少し成長するまで、水浴びは我慢するしかないみたいですね。

心温まる動画。コチラも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス