出典 https://twitter.com

『自撮り』には様々なテクニックがあるようですね。ポイントは角度と光、着る服も意識して明るい場所でシャッターを押す!…今更、ポイントのおさらいをしなくても、自撮りマスターの皆さんなら常識ですよね。

でも、今回ご紹介させて頂く自撮りはどのご家庭にもある『アレ』を使って自分の顔がお月様になったような自撮り。空に浮かぶ月が自分の顔だなんてちょっと面白そうじゃありませんか?

今、海外ユーザーたちに流行っているのがこちらの写真。自分の顔を月に見立てての自撮りなのですが、こちらのツイートが投稿されたのは2014年なのです。それが今になって火がつき海外ユーザーたちがユニークな写真を次々と投稿しています。

そして、気になるのが『ご家庭にあるアレ』アレって本当にどのご家庭にもあるものなんですよ。それは『トイレットペーパーの芯』

トイレットペーパーの芯を使って夜空に浮かぶ月が自分の顔になっちゃうテクニックをご紹介します。

自撮りの仕方は至って簡単。トイレットペーパーの芯を顔の前にかざし反対側からスマートフォンで撮影するだけ。テクニックなんて言ってしまってごめんなさい。正直、テクニックいらずです(笑)

その後は、スマートフォンに入れているアプリで好きに加工!ユニークで不思議な画像の出来上がりです。

月にこの男はいたんだ…

いや。トイレットペーパーの芯を使ったんだが

出典 https://twitter.com

ネタばらし早すぎ(笑)このような強面の男性もノリノリで自撮り!

こちらはどうやら加工なし。本格的な月の雰囲気を出すなら加工は必須のようですね。

今夜、筆者も試してみます♪

1歩間違えるとかなりシュールですね…

これは…ちょっとホラーになってませんか?筆者、ホラー映画の名作スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』がすぐ浮かびました…あの有名なジャック・ニコルソンがパッケージの顔の写真になった…これお月様じゃない!ホラーですよ(笑)

月の自撮りを覚えたの。この顔を見て笑って!

出典 https://twitter.com

化粧バッチリ!目もパッチリ!何より変顔しても美しいのでたいして笑えません。

出典 https://twitter.com

ゴッホの『星月夜』とコラボしてます。ナイスアイデア。名画の中に溶け込めてはいませんが(笑)トイレットペーパーの丸い円の中に、目や鼻や口だけがうまく収まるように撮影するのがコツといえばコツなのですが、もっと月らしくなるように楽しく加工してみて下さいね。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス