スペインの小さな村”Cerezales del Condado”の人口は年々減少し続け、現時点ではわずか80名となっています。

出典 http://elpais.com

スペインのCerezales del Condado村

しかし、この閑散とした小さな村人たち80名全員が、一夜にして、億万長者になりました。

出典 http://elpais.com

クルミ拾いの仕事をする村の住人たち

この村は、世界一売れていると言われているあのコロナビールのメーカーであるメキシコのビール会社、モデーロ社の創始者であるアントニーノ・フェルナンデスの故郷です。

出典 http://elpais.com

「カンティーナ」と呼ばれる村の小さなバー

出典 http://elpais.com

アントニーの生まれ故郷である村

アントニーノは、1917年にこの村の貧困家庭に生まれ、彼はコロナビールのメーカーであるモデーロ社の創始者となりました。この村は彼の起源なのです。

出典Monolito en homenaje a Antonino Fernández, en Cerezales del Condado.

アントニーノ・フェルナンデスの故郷であることを記念した石碑

何故、この小さな村の住人たちが全員、一夜にして億万長者になったか、もうだいたい想像がついた人もいることでしょう。

出典 http://elpais.com

コロナビールで莫大な富を築いたアントニーノは、彼の故郷の人々のことを決して忘れてはいませんでした。

アントニーノは、今年8月に99歳でこの世を去りました。

彼は、生まれ故郷のこの村の人々全員に各約200万ポンド(約2億8千3百万円)を寄付すると遺言状に書き残していました。

出典 http://elpais.com

アントニーノは、1961年にこの近代的な大聖堂の建設に融資しています。そして、その後も後援を続けていました。

アントニーノはこの村で、13人兄弟姉妹の11番目として生まれました。

家庭がとても貧しかったため、アントニーノはわずか14歳で学校に行くのを止めて、働かなければなりませんでした。

出典 http://elpais.com

現在の村の光景の一部 村全体があまり豊な暮らしではありませんでした。

アントニーノは、32歳の時、メキシコに移住しました。

そしてコロナビールを作る醸造会社であるモデーロ社グループのCEO(最高経営責任者)になりました。

出典 http://metro.co.uk

アントニーノは、世界的なコロナビールの爆発的ヒットで大富豪になりました。

アントニーノは、生まれ故郷Cerezales del Condadoの村人たち全員に対して莫大な遺産を残し、村人たちはそのお金の一部で現在、村に文化センターを建設しています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

生まれ故郷で村人たちとの交流をする生前のアントニーノ(中央の白髪のスーツの男性)

村で唯一小さなバーを経営しているさんMáximino Sánchezさんは、Diario deLeónの新聞のインタビューに「私たちはこれまでそのようなお金は所有したことがありませんでした。アントニーノのおかげです。」と感謝の気持ちを語っています。

出典 http://elpais.com

村唯一のバーの経営者Máximino Sánchezさん

アントニーノは、スペインの障害がある若者たちに対しても仕事を与えるなど、多大な支援活動を常に行っていました。彼は、スペインでは有名な慈善家として知られています。

スペインの元王であるフアン・カルロス氏はアントニーノの祖国を忘れない慈善活動に対して栄誉をたたえています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

アントニーノさんは、生前、スペインの障害者の若者たちへ対する積極的な慈善活動を行ったことで元国王からその栄誉を称えられていました。

今年8月、アントニーノさんは99歳で大往生されました。

スペインの小さな村で貧困家庭に生まれ育ち、一代で莫大な富を築いたアントニーノさんは、故郷の人々の貧しい暮らしぶりをけして忘れることはなく、最後に村人たち全員を億万長者にするという夢のような功績を残されました。

これはなかなかできる事ではないと思います。

人は、一度富を得ると、自分と家族たちだけで有り余るような贅沢三昧をとかくしたがるものです。

でも、いつも思うのですが、「Share with another」これは、あのマドンナが今年初めに来日した時に口にした言葉なのですが、”稼げる人が稼いで、困っている人たちを助ける、これを人々が当然の気持ちとして持つことがとても大事”です。

1人で何台も高級車やヨットを購入するような、欲しいモノすべてを手に入れることが人生の本当の意味での幸せではないのではないでしょうか?

きっとアントニーノさんはそのことに気がついた一人なのだと思います。

最後に…アントニーノさんが安らかに永眠されることを願います。

参考資料

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス