今年も残すところあと1か月、一年が経つのは意外と短いものですよね。この時期といえば来年に向けて年賀状の作成を考えている人も多いと思います。最近ではSNSの普及により新年のあいさつもLINEやメールで済ましてしまう人が多いといいますが皆さんはどのように感じていますか?

メールで済ませてしまう人も多いですが、手書きで近況が書かれていたりすると、やはりうれしいですよね。今回は年賀状はがきを出すときの意外と知らない年賀状マナーについてまとめていきたいと思います。

「謹賀新年」「迎春」「賀正」などの使い方

「謹賀新年」「迎春」「賀正」など皆さんはどのような言葉を選んで使っていますか?

新年のお祝いの言葉を賀詞というのですが、「謹賀新年」のように4文字、「寿」「迎春」のような一文字、二文字の言葉は、相手によって使い分けて使うものなのです。

「謹賀新年」のような4文字
 目下の人から目上の人へ

「寿」「迎春」のような一文字、二文字
 目下の人宛の賀詞です

目上の人に使う賀詞↓

「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」「敬頌新禧」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」

出典 http://nenga.cardbox.biz

目下の人に使う賀詞↓

「寿」「賀」「春」「禧」「賀正」「賀春」「頌春」「迎春」「慶春」「寿春」「初春」「新春」

出典 http://nenga.cardbox.biz

年賀状を送る相手によって使い分ける必要があるので注意したい点ですね。

去年などの「忌み言葉」を使わないようにする

「忌み言葉」とは

読み方によっては、縁起の悪さを連想させる言葉などが忌み言葉とされています。
年賀状はおめでたい手紙ということなので縁起の悪い言葉は控えるべきなのです。

年賀状では「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」など縁起の悪い表現は避けましょう

出典 http://season.biglobe.ne.jp

ということは、「年はお世話になりました」という言い方はふさわしくないのです。
年」を→「昨年」「旧年」などに言い換えて書くようにしたいですね。

「A Happy New Year」は間違いだった?

最近は「Happy New Year」という表記が多くなりましたが、数年前は「A Happy New Year」というのが多かったですよね。新年のあいさつで単独で表記するなら「Happy New Year」が正しい。

「おはよう」は「挨拶」です。英語に訳すともちろん"Good morning."になります。当然文頭に冠詞の a や the は入りませんよね。同じように「明けましておめでとうございます」も「挨拶」です。従って文頭に a などの冠詞は不要で"Happy New Year!"となるわけです。

出典 http://sek-kai-oh.blogspot.jp

「新年明けましておめでとうございます」もよく考えると…

「新年明けましておめでとうございます」この言葉はよく使われていますが、「明ける」という意味にはどんな意味があるのでしょうか?

(明ける)あるひと続きの時間・期間・状態が終わって、次の時間・期間・状態になる。

出典 http://dictionary.goo.ne.jp

つまり「新年明けましておめでとうございます」という言葉では、新年が終わりましたという意味合いになってしまうんですよ。年賀状を受け取るのは1月1日新年がスタートした後にもらうということで、

「明けましておめでとうございます」
「新年おめでとうございます」

などを使うことが好ましいようです。

「、」や「。」などの句読点は書かない

これは昔の日本の手紙が、句読点を入れていなかったことから来ています。年賀状についてはこの慣習が残っているため、句読点を入れない様に心がけましょう

出典 http://nenga.kitamura.jp

文を見やすくするには改行などするようにしましょう。

最後に。

新年最初のあいさつとなる年賀状。お世話になっている方に気持ちの良い新年を迎えてもらうためにもしっかりとしたマナーを守っていきたいですね。特に手書きの年賀状は受け取り手にとってもうれしいことです。自身の近況などを書き添えるといいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

ti-zero このユーザーの他の記事を見る

ネットに転がっている面白ニュース、ためになるニュースをまとめることが大好きです!
暖かく見守ってください。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス