東北地方に震度5弱・・・明け方の混乱

Licensed by gettyimages ®

福島県沖を震源地として、大きな地震が早朝の日本を襲いました。思いのほか長く、大きく横に揺れていたあとで「震源地は福島」の文字を見て、驚いた方も多かったことと思います。

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、この地震で気象庁は福島県に加えて、午前8時9分に新たに宮城県にも津波警報を発表しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

福島県、宮城県の地震・・・5年前の経験から、離れた地でも、瞬時に津波について考えましたね。

今回の地震の強さを示すマグニチュード(M)は7.4(速報値は7.3)。東日本大震災の余震でM7以上を観測するのは14年7月以来2年4か月ぶりで、津波警報を出すのは12年12月以来、約4年ぶり。

出典 http://www.j-cast.com

津波を経験なさった方には、恐ろしい時間だったかと拝察します。

様々な速報が、ツイッター上に流れてきます

Licensed by gettyimages ®

地震があった直後から、「今、何が行なわれているのか」というニュースが流れ始めました。

バイクが最も情報を集めやすいそうです。

断水・停電などの情報も、地域ごとに細かく。

原発の情報も・・・

Licensed by gettyimages ®

福島の地震となると、多くの人が気になるのは原発の様子。こちらもまさに「今」の状況がリポートされています。

こちらは、経済産業省からの正式な発表です。

実は、今回「原発の管が詰まって・・・」というデマがツイッターで流されました。こうしたデマは、毎回かならずといっていいほど出てきます。冷静に対処しましょう。

具体的には、政府・新聞・NHKなどの報道アカウントを確認すると良いかと思います。

揺れると、水面が平らで無くなる→水位が足りないと判断して止まる ということがあるそうです。また、冷却水が止まったからといって、すぐに危機的状況に陥るとは限りません。

ケガなどのニュース

Licensed by gettyimages ®

今回、幸いあまり大きな人的被害はでなかったようです。とはいえ、ガラスの破片などで「病院に行くまでではないけれど」という方もいらっしゃるかと思います。

お怪我をなさった方々がお元気になられますよう、お祈りしています。

火災がすぐに鎮火してなによりでした。

さぞ、お互いビックリしたことでしょう・・・気をつけても起きてしまう事故もありますね。

電車などの遅延・停止情報

Licensed by gettyimages ®

電車や地下鉄・新幹線・バスなどの遅延・停止情報は、ツイッターでいち早く得ることができる情報のひとつです。

まさに今、どうなっているかを把握するのにぴったりです。

新幹線も遅れが。

再開がとても早かったので、遅延ですんだ箇所も多かったようです。

ローカルな路線であっても、かなりの確率でつぶやかれています。

地震ではなく「鹿」!?

地域の安全情報についてツイートするアカウントは、フォローしておくと便利です。

津波の情報

Licensed by gettyimages ®

決してあなどることの出来ない、津波の情報。こちらも、今がどうなっているか・・・周囲はどうしているかの情報を得ることが出来ます。

※しかし、もしご自身の在所で津波警報が出た際は、迷ったらまず避難!を心がけてください。安全な場所から検索しましょう。

幸い、今回はあまり大きな津波になりませんでした。

昼過ぎには津波注意報も解除に。

とはいえ、河が逆流するなど、津波時に起こる変調はありました。

画面がとてもわかりやすく「危険」をしらせていましたね。

道がとても混雑している・・・そうした情報もツイートされました。津波で避難する場合は、バイク・自転車などこまわりの効く乗り物の場合が適していることも。

学校や、お店、イベントの状況は?

Licensed by gettyimages ®

お店やイベントなどの開催状況、学校の休校情報などもツイッターアカウントで確認できる場合も。
落ち着いてきたことがわかって、イベントを決行するとう判断を行なった場合もありました。

施設の開館情報も、アカウントからチェックできます。

休校情報も流れてくる時代に。

ラプラスという、とても珍しいポケモンを出して被災地復興を応援していたポケモンGOですが、地震を受けて早速停止されました。

イベントを決行する判断もありました。

ツイッターで得る情報、得られない情報

Licensed by gettyimages ®

正に今、何が起きているかを理解するには、とても役立つツールです。しかし、デマに踊らされるなど、デメリットも。

冷静に判断するのが難しい時だからこそ、あえて一呼吸おいて考えたいですね。

たしかに、これ、やってしまいがちですね。

こうした判断をされる企業アカウントも。

気になったら、更に検索・・・ですね。

今回は、あまり被害が出なかった・・・

Licensed by gettyimages ®

しかし、避難したり、避難への準備をしたことはムダではありません。「大げさ」などと考えしまうより、常に最前の手を考えて動きたいですね。

こんな被害もあるんですね・・・そもそもなぜ円高になるんですか・・・?

地震については、ほんとうに何がどうつながって被害が軽くなるのか、重くなるのかわかりにくいですね。
後から理由はわかっても、その場ではわからないからこそ、避難!が大切です。

気をつけたいですね。

ついつい甘く見てしまいがちですが、ほんとうに、備えることが被害を少なくするんですもんね。

今回の地震は、5年前の大地震の余震だそうです・・・まだまだ、警戒は解かずに過ごしていきましょう。

まずは、おうちに備えた避難バッグを再度チェック!

出典 https://www.amazon.co.jp

5年前に作ったきりになっていませんか?子どものお洋服、小さくなっていたりしませんか?
非常食やお水の期限はだいじょうぶでしょうか?

さらに、スマホの充電は多めにして、歩きやすいスニーカーやブーツで過ごす・・・それくらいの注意をはらっていきたいですね。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス