哺乳瓶の消毒も温度管理もいらない!調乳不要の液体ミルクが存在していた!

子育てしたことのある人になら、ミルクを作る困難さを知っていることと思います。
哺乳瓶を消毒しておき、粉ミルクを計量し、熱湯を用意しておき、お湯を注いで、人肌ほどに冷ましてから授乳する…。

一連の作業を1日何度も繰り返すミルク育児。
夜中も赤ちゃんはおっぱい飲みますので、夜中も調乳が必要です。
眠たい目をこすりながらの調乳は本当に辛いものです。

ところが!

なんということでしょう!

すでに液体になっているミルクが世の中には存在しているんですーーー!!!

哺乳瓶を消毒液にひたしておかなくてもいいし、熱湯消毒もいらないの?
粉ミルクを計って溶かさなくていいの?
調乳したミルクを人肌に冷ますの、なかなか大変だったんだけど!
それも不要!

少し上の世代の先輩ママには、粉ミルクではなく、キューブ型のミルクがあることをお話しただけで驚かれるのですが、それよりさらに進んだミルクの存在に、きっと、昭和の先輩ママは目が点になってしまうことでしょう。

液体ミルクどんなもの?

ツイッターでも話題の液体ミルク。
どんなものか紹介しているサイトもちらほら見かけます。

すでに液体になっているミルクで、開封してそのまま赤ちゃんに飲ませることができるというもの。

使用後は、そのまま捨てるだけ。

今まで、必死に調乳したり、哺乳瓶を消毒したりしていたことを考えると、衝撃の手軽さです。

特に、外出時にたくさんの調乳グッズを持ち歩かなくて良い点や、外出先の調乳可能な場所が見つからずに困ることもありませんよね!

熊本での震災時に、フィンランドからの無償提供で注目!

水がいらない、調乳のための熱源もいらない液体ミルク。
熊本の震災時、フィンランドの乳製品メーカーから無償提供されて注目を集めました。
その前には、東北の震災時には、フィンランド在住の日本人の方が尽力して送られ、重宝したともお聞きします。

震災時の母乳育児も推進されたりしていますが、そもそもお母さんの栄養状態が良くなかったり、ストレスからなどでも母乳が止まってしまうこともあります。

常温で保存が可能であり、世界各国では一般的に流通している液体ミルク。

震災への備えとしての防災の観点からも益々注目を浴びそうです。

日本政府も後押しの動き?日本で液体ミルクは流通する?

日本では、厚生労働省の規格に液体ミルクが含まれないため、製造していないようです。
日本で製造、流通するためには、様々な調査や審議も必要であり、数年はかかるとも言われています。

アメリカでは、一回分200円ほどで販売されているようですが、倍ほどの値段になるとも予想されるようです。

2016年10月には、日本政府もネット署名の声を受けて、液体ミルクの解禁にむけた検討を始めています。

男性の育児参加の後押しにも、液体ミルクの手軽さが有効と捉えてのことのようです。
液体ミルクで男性の育児参加が進むかは疑問が渦まくところですが、防災の備えとしての役割、ミルク育児の選択肢の幅が広がるメリットは大きく、今後の動きにも期待したいところです。

もちろん、廃棄物が増えるなどのデメリットもあります。
メリットとデメリットをバランスよく、私たちが選ぶことで、快適な育児のツールの1つになると嬉しいですね!

この記事を書いたユーザー

五嶋 エリナ このユーザーの他の記事を見る

NPO北海道ネウボラ代表をつとめています。
2006年生まれの長女と2009年生まれの長男の育児中です。
2015年12月に市民活動団体「北海道ネウボラ研究会」を立ち上げました。
元SEですが、現在はコールセンターと放課後児童デイ支援員、webライターのお仕事の他、地域の子育てサロンや乳児院でのボランティア等しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動
  • キャリア
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス