16年秋ドラマの中でも、最も視聴者の胸をキュンキュンさせている『逃げ恥』

出典 http://www.tbs.co.jp

連続ドラマって大抵は回を重ねることに視聴率が下降して行く傾向ですが、火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(※通称『逃げ恥』)は、先週放送回(第6話)では、ついにギネスとなる13.6%を記録。エンディングで流れる「恋ダンス」の盛り上がりも相まって、その評価、人気は現在進行形で上昇中。

主演を務める新垣結衣さんが演じる、みくりのキュートさ、星野源さん演じる津崎平匡のプロの独身感(笑)。“契約結婚”で結びついた仮りそめの夫婦が、次第に心を通わせていく異色なラブ・ストーリー。毎週キュン死にさせられている方が続出中の模様。

…ですが、筆者がこのドラマで特に注目してるのは主演の若いお二人ではなく、石田ゆり子さん演じるみくりの叔母役の“ゆりちゃん”(49歳・独身)です。

石田さんは現在47歳でいらっしゃいますが、彼女が本作で演じるゆりちゃんは、49歳でバリバリのキャリア・ウーマンで未婚(処女)という役どころ。

原作を読んでいない方にはネタバレになってしまいますので深くはお話しませんが、原作ではゆりちゃんの恋愛模様も濃ゆ~く描かれており、とてもドキドキさせられる展開があるんです。

でも「ラブ・ストーリー」ってどうしても若い人向けの内容が多く、若い男女同士が恋に落ちるといった展開が多いもの。“アラフィフ以降の世代”の恋愛を描いた作品ってなかなか見かけないって思いませんか?

実際、読者層がティーン向けである少女漫画などは、10~20代のヒロインの恋愛模様を描いた内容が多いもの。もちろんアラフィフ世代の恋愛を描いた作品だってありますが、それでも主人公は若い世代を中心に描くというのが統計的に見ても多いでしょう。

それゆえに、筆者の脳裏に浮かんだのはこんな疑問…

「なんで50、60歳オーバーの大人の男女の恋愛を描いたストーリーって少ないんだろう?でも私が見たいのは、熟年離婚、不倫、ドロ沼、家庭崩壊…といったヘビーな奴じゃなくて…」

「50、60オーバー世代のハートフルでピュアな恋愛漫画で、胸きゅんきゅん♡したいの~!!」

Licensed by gettyimages ®

年甲斐もなく、声を大にして叫びたいイタすぎる筆者。でもそんな漫画を見たことがないので、周りに訊いてはみるも…

ALL「ねーよ、んなもん。おとなしく『逃げ恥』見てろ」
と言われる始末。

そんな矢先、まさに求めていた作品に偶然出会ってしまいました。ぜひこの場を借りて紹介させて下さい。

▼そんなハートフルピュア恋愛漫画がコチラ

Twitterユーザー・ワイエム系(@yye6kk)さんが投稿しているこちらのショート漫画なのですが、公開するやいなや6万リツイート、10万を超えるいいねが付くなど大反響をよんでいるのです。

それではお楽しみください…!

【1】

出典※ワイエム系さんならび出版元より使用許諾、素材提供の上で掲載しております

気品と威厳に溢れたナイスシルバーな男性に、可愛らしいマダムといった印象の中年女性。どうやら古くからの顔なじみのようですが、久方ぶりの再会のようです。

【2】

出典※ワイエム系さんならび出版元より使用許諾、素材提供の上で掲載しております

昨今では珍しいものでもなくなった印象の熟年離婚。吹っ切れた様子で、努めて明るく振る舞っている様子のアキちゃん。でもそんな彼女の現状を知ったシゲお兄ちゃんは…

【3】

出典※ワイエム系さんならび出版元より使用許諾、素材提供の上で掲載しております

シゲお兄ちゃんの本気トーンでのディナーのお誘いに、動揺を隠せないアキちゃん。その真意をたずねてみると…

【4】

出典※ワイエム系さんならび出版元より使用許諾、素材提供の上で掲載しております

「♪トゥクトゥーン

という小田和正さんの名曲『ラブストーリーは突然に」のイントロが思わず脳内再生。なんでしょう、この「私のなかで、とっくに忘れていたはずの“何か”が動き出した…感は。妄想ノンストップですよ、もう!

筆者の中では、シゲお兄ちゃんは田村正和さん、小林薫さんあたりで。アキちゃんは、薬師丸ひろ子さん、田中美佐子さんで連想してました。あなたならどんなキャスティングを考えますか(笑)

このマンガを見たユーザー達の反応は?

Licensed by gettyimages ®

・「本日の最高かよ」

・枯れ専への御褒美かなにかでしょうか…!!

・主人に「こういうのやりたい!」といったら…

・「…最高すぎます…!とりあえず拝みますね」

・「胸がキュンとしました(〃'▽'〃)

・「これが尊いってやつか…

・「続き気になる

・「キュンキュンしすぎてやばい!!ときめきをありがとう!(*^o^*)」

・「すごく……好きです……!!!」

※上記はSNSに寄せられた声の一部を紹介しています

なんちゅう胸キュン♡いったいどこの天才が描いてるんだ…

出典 https://twitter.com

このピュア過ぎる恋愛ストーリーを執筆されているワイエム系さんですが、現在「Alterna pixiv(オルタナ ピクシブ)」で『バッフルとボク』という作品を連載中のプロの漫画家さんでいらっしゃいます。

ちなみにワイエム系さんのTwitterを見ていて気がついたのですが、こちらのマンガに寄せられたユーザーさん達の声や反応に対して、一つ一つ丁寧にお返事をされているんです。きっと普段から機微な部分にまで配慮が行き届く方なので、こういった繊細なラブ・ストーリーが描けるのだろうと感じました。

その優しさにつけ入れようとする小賢しい筆者は「このマンガには、何か元になったお話などがあるのですか?」とネタ元を探るという失礼極まりない質問(※職業柄まずは疑う性格)をさせて頂いたところ…

「特にモデルや参考にしたものはないんですよ。ただ他ではなかなか見られない、見かけたことがないようなものを、純粋に読んでみたいなぁ…と思って考えついたんです」(ワイエム系さん)

出典ワイエム系さんのコメント

と快く答えて頂けました。ときどき目にしたり耳にすることがある「ありそうでない」や「あったと思っていたけど実はなかった」という、“人の盲点を突くようなモノ”。こういったものを実際にカタチにできる人のクリエィティブなひらめき、本当に感心させられてしまいます。

胸をちょっとだけときめかせ、温めてくれて、なおかつザワッともさせてくれる…そんな素敵な物語に出会わせてくれて感謝です。

そんな作品を次々に生み出しているワイエム系さんの作品は、下記リンク先よりチェックできます。

今回執筆をさせて頂いたご縁で、私もさっそく拝読させて頂いたのですが、仕事をすっぽかしてイッキ読みです(笑)

無料で閲覧できる『バッフルとボク』は最新話の更新を見逃さないよう、フォローしておくと便利ですよ!

※本記事で紹介している漫画は、ワイエム系(@yye6kk)さんに執筆許諾、素材提供を頂いた上で掲載しております。快くご協力頂きまして有難う御座います!

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス