米アリゾナ州に住むある母親が、娘のランチボックスに入れるナプキンに絵を描くようになりました。ダウン症のマヤちゃんは、お母さんが描く絵を毎日ランチの時間に楽しみにしています。

愛する娘へ心を込めて…

出典 https://www.youtube.com

毎日、娘のマヤちゃんが朝ご飯を食べている時に母のジョー・アンさんはナプキンに絵を描きます。「決して上手とは言えませんけど」と謙遜するジョー・アンさんですが、スマホで撮影したマヤちゃんの姿を見ながら描き上げるイラストはなかなか絵心があるのではないでしょうか。

「娘はダウン症だから、発達も遅いし何をするのも人の二倍の努力が必要なんです。娘が頑張っている姿を誇りに思うので、そうした思いをナプキンに描いています。」

これまで描いたナプキンは471枚

出典 https://www.youtube.com

ジョー・アンさんがマヤちゃん(8歳)のために描いたナプキンの数は470枚以上にものぼります。「特別なことではなく、普段の私とマヤの日常を描いています」というジョー・アンさん。お母さんが一生懸命描いてくれた毎日違うイラストをランチボックスの中に見つけるマヤちゃんの小さな喜びが目に浮かびますね。

イラスト描きはジョー・アンさんの人生を変えた

出典 https://www.youtube.com

絵の上手・下手に関係なく、ジョー・アンさんの描くイラストには母から愛する娘への特別な気持ちが込められています。それは誰にも真似のできないもの。ジョー・アンさんだけの唯一無二のアートなのです。

一枚一枚、心を込めて描かれたイラストを見ているとほっこり心が和み、幸せを感じてしまいます。ちょっとした思いやりと思い付から描くようになった心温まるイラストは、今ではすっかりジョー・アンさんの「ライフワーク」になっています。

作品は地元のギャラリーで展示中

出典 https://www.youtube.com

現在、ジョー・アンさんの全ての作品はアリゾナ州メサにある「Millet House Gallery」に展示されています。「全ての人に、シンプルな生活が実は一番幸せなのだと気付いてもらえれば」というジョー・アンさん。

マヤちゃんと過ごす時間が幸せでたまらないと話すジョー・アンさんの作品を誰よりもサポートしているのは大ファンであるマヤちゃんでしょう。母と子の絆の深さや思い、そしてごく普通のライフスタイルから生まれたナプキンアート、なんだかとても素敵ですね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス