最近海外のビューティーブロガーの間では、#Kidsmakeupchallenge(キッズメイクアップチャレンジ)というチャレンジが流行っていまして、子供用のメイクキットを使っていかに本格的なメイクができるかやってみよう!という企画です。

今回紹介するのは、メイクで幾通りの雰囲気にも変身できる凄腕を持つメイクアップアーティストで、今までも多くのテクニックを紹介してきました。その彼女が子供用メイクを使ってメイクに挑んでいます。では、最終的にはどんな仕上がりになるのでしょうか?

モデルのような美貌の持ち主でもあります。

Cristen Dominique(クリスティン・ドミニーク)1987年生まれの29歳。インスタグラムではフォローワーが900000人以上、YouTubeでは2016年9月時点で1.8ミリオンのサブスクライバーを獲得していて、フリーランスの人気メイクアーティストです。

ロリアルメイクアップアワードにて。モデルとしてもやっていけそうなルックスです。

彼女のメイクスキルで、ハーレイ・クインもこのとおり。

子供メイクキットで本格メイクアップチャレンジ

出典 https://youtu.be

すっぴん自体が綺麗なので、メイクが映えますね。

手軽な値段で購入したメイクキットを使って、これからメイクを始める彼女。下地からアイシャドーまで全てがチープ極まりないロークオリティーな物ばかりですが、やる気満々です。

プロのテクニックでメイクをするのですが、クオリティーの乏しい子供用メイクでメイクするのは彼女にとっても大変難しいようです。

出典 https://youtu.be

ブラウンシャドーで眉毛を描くのですが、カバー力が弱く全く役に立ちません。結局アイブローペンで描く羽目になってしまいました。

出典 https://youtu.be

アイシャドーのベースに、ブラウンシャドーが再び登場します。かなり薄めの色ですが、この後どのように色を重ねていくのでしょうか?

出典 https://youtu.be

シャドーのメインカラーに、黄色のターコイズをチョイスしましたが、ターコイズを塗った後に急遽色をパープルに変更してしまいました。クリーズには、オレンジがかった肌色を選んでいます。

出典 https://youtu.be

パープルとピンクを基調としたシャドーの上に、リキッドアイライナーで太めのアイラインを描いています。

出典 https://youtu.be

つけまつげを付けたら、次はフェイスパウダーの番です。きっちり硬く詰まっているフェイスパウダーをこれぞと言わんばかりにブラシをなぶりつけました。大人用メイクの場合、フェイスパウダーはソフトなはず。しかしこれは子供用なのでしかたがないです。

出典 https://youtu.be

子供用と言えども、テクは本格的。ハイライトもきちんと目の下とTゾーンに入れています。顔に立体感が出てきて、いよいよメイクは終盤にかかろうとしています。

後はチークと目の下のシャドーが残っていますね。完成までが気になりますが、続きは下の動画で。

出典 YouTube

出典 https://youtu.be

どうですか、この仕上がり!完成度高!!言われなければ、子供用のメイクキットを使ったなんて分かりません。想像ですらつきません。

秘密はこれ!

出典 https://youtu.be

メイクの付きを良くするのに使ったアイテムはこれです。メイクセッティングスプレーが活躍しました。アイシャドーを付ける際にブラシに軽くスプレーをするだけで、粉っぽいシャドーがしっかりと肌になじみました。

目の下のクマも隠せる 色っぽいセレブ風メイク

出典 YouTube

本格派グラムメイクはこちらです。

いかがでしたか?

子供用の安いメイクキットが、プロの手によってゴージャスなメイクアップと化しました。さすがプロはやることが違います。

私たちの普段のメイクアップで最低限必要なのは、"メイクアップには手を抜かないこと"。それがプロのメイクに近づけるコツですね。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス