親の七光りって大事ですよね。親がそれなりの地位にいれば、大概の職業に就けますよね、たぶん。政界や財界は二世だらけですが、その点スポーツ界はそうでもありません。そこでプロ野球選手に絞り二世は何をしているのか? 

中でも出方になった子どもたちを調べてみました。

声優への道

・元西武・平野謙外野手…
堅守・巧打のいぶし銀バッター。通算犠打451は歴代2位の記録。その息子は俳優で声優の平野潤也さん。橋爪功さんが代表を務める演劇集団 円に所属し、舞台を中心に活躍。アニメでは「レコンギスタ」や「思い出のマーニー」に出演しています。

・元日ハム・広瀬哲朗内野手…
公式戦966試合に出場。。スキンヘッドで、いわゆるイイキャラ選手で記憶に残る人物。息子はその名も広瀬ジュニア。まだまだ活動実績は浅いようですが、父の名前を前面に使う潔さは中二感が無くて好感がもてます。

・元巨人・落合博満内野手…
三度の三冠王に輝いた球史に残るバッター。その一人息子はご存知、福嗣さん。幼少期は父を取材に来た記者にタメ口、テーブルに乗って小便をまき散らすなど、虚実混同の傍若無人伝説に暇がない人物ですが、大人になると意外ときっちりした人物となり今では妻子持ち。2015年から声優活動を開始。アニメ「ちびまる子ちゃん」「タイガーマスクW」「バッテリー」など名だたる作品に出演。将来に期待が持てます。

出典 http://magazinesummit.jp

ベースボールマガジン 2009-09-19 発売号
Fujisan.co.jpより

AKBグループへの道

・元ダイエー・若田部健一投手…
91年ドラフトでは、巨人やダイエーなど4球団が1位指名で競合。90年代のダイエー先発陣を支えた投手。その娘はHKT48の若田部遥さん。

・元巨人・大森剛内野手…
89年のドラフトで、巨人は甲子園のスター元木大介さんを蹴り1位で指名したのが六大学野球のスター選手だった大森さん。その娘は、次代のAKBを担うと期待されるチーム4の大森美優さんです。

・元ロッテ・倉持明投手…
80年代の名クローザーだった倉持さん。アートネイチャーのCMに出演するなど人気者でした。彼の娘は元AKB48の倉持明日香さん。彼女が学生の頃、授業でソフトボールをする際、講師として明さんが招かれることもあったそうです。

アナウンサーへの道

・元阪神・田淵幸一捕手…王選手の14年連続本塁打王を阻止したミスタータイガース。通算474本塁打を記録し、落合選手も認めるホームランアーティストでした。その息子はフジテレビの田淵裕章アナ。主にスポーツを担当しています。

・元南海・島本講平外野手…甲子園のアイドル選手で高校生ビッグ3と称された選手。野村克也さんが直々に指名し70年のドラフト1指名で南海に入団。その娘は、テレビ朝日の島本真衣さんです。

その他にも…

・元広島・音重鎮外野手…娘はアイドルグループ・ナト☆カンの元メンバー・音華花さん。
・元中日・杉本正投手…娘はアイドルグループ・LinQの杉本ゆささん。
・元西武・小関竜也外野手…娘は元カントリーガールズの小関舞さん。
・元国鉄・日根紘三投手…元SHAZNAのIZAMさん。
・元ヤクルト・尾花高夫投手…娘はモデルの尾花貴絵さん。
・元近鉄・新井宏昌外野手…長女はミス日本のミス着物を受賞した画家・新井寿枝さん、三女はミス日本グランプリでモデルの新井貴子さん

…デビュー当時はコネや七光りと揶揄されたことでしょうが、一定の実力をみせてばそれも払拭されます。中には父同様、それを越える活躍をする者も。

さて、ここで気になるのはプロ野球選手の父を持つプロ野球選手。父を超えていそうな選手は、広島・黒田投手(父は南海などに所属した一博さん)、元横浜で首位打者も獲得した金城龍彦選手(父は元近鉄・晃世さん)らがいます。

この記事を書いたユーザー

TVと雑誌がコラボの『マガジンサミット』 このユーザーの他の記事を見る

TVと雑誌がコラボ!雑誌の面白さを再発見できるWEBマガジン!
自分が欲しい情報を効率よく収集できる「雑誌」。ライフスタイルに欠かせない「雑誌」。TVやラジオ番組の放送作家やモデル、芸人たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます! http://magazinesummit.jp/

得意ジャンル
  • おでかけ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス