◆ 12月から「洗濯表示」が変わるらしい

出典 http://www.caa.go.jp

消費者庁によると、平成28年12月から「洗濯表示」が新しく変わるんだそうです。5つの基本記号と付加記号の組み合わせでわかりやすくなるそうですが、そもそも洗濯表示ってなんだっけ?という方も多いのでは。そういえば昔、家庭科で習ったっけな…。筆者もそれくらいの認識でした。ですが、新しい洗濯表示を覚える事で、大切な衣類を長持ちさせる事が可能なんです。一緒に勉強してみませんか?

(※洗濯表示とは、繊維製品品質表示規程第2条第3号の「取扱い表示」のことをいいます)

◆ あなたは気にした事がありますか?洗濯表示

出典 http://www.caa.go.jp

お手持ちの衣類の裏側(中側)を見ると、タグのようなものがついていませんか?そこに記載されているのが、洗濯表示です(一部例外あり)。洗濯表示はJIS規格において定義された統一規格の事。アパレルメーカーなどが、JISで定められたテストを行い、その衣類に適切な洗濯方法や干し方、アイロンのかけ方などを表示している大事な表示なのです。

出典 http://www.caa.go.jp

自分で洗濯をする時はもちろんですが、大事な衣類をクリーニングに出す時にもしっかりとチェックしたいものなんですね。

◆ なぜ、洗濯表示が変わるの?その理由は?

出典 http://www.caa.go.jp

洗濯表示は1976年に現在の表示が制定されて以来、ずっと変わる事なく使われて来ました。つまり、今回が初めての刷新となるのです。海外で使用されている国際標準化機構(ISO)の規格に統一される為、日本語表記が無くなり表示が簡略化されます。
つまり、JISからISOに変更されるという事。
なーんだ、わかりやすくなるんじゃん!と思いがちですが、ちょっと待って!今回の刷新で、洗濯表示数はなんと従来の22種類から41種類に増加してしまうんです!

新表示は国際標準化機構(ISO)の規格に沿い、現行の22種類から41種類に増える。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

◆ 新しい「洗濯表示」の記号とその意味は?

出典 http://www.caa.go.jp

基本記号は5つとなりますが、それぞれがちょっと複雑かも…。また、これまでになかったタンブル乾燥やウエットクリーニングなどの、より細かい情報も追加されています。
例えば一番上の洗濯の仕方を表す表示ですが、これまでの洗濯機のイラストから洗濯桶に変更されています。

出典 http://www.caa.go.jp

ひとつひとつ覚えるのは大変だと思いますが、一番わかりやすく、また一番気を付けなくてはいけない洗濯表示は「×」マークがついているものですね。これは禁止記号ですので、ご自身で洗濯する場合もクリーニングに出す場合も、最低限このマークだけはチェックするといいと思いますよ。

出典 http://www.caa.go.jp

また、汚れを取るつもりだったのに衣類の色素が落ちてしまった…!なんて失敗をしない為にも、漂白剤のマークもチェックしたいところです。
アイロンのマークを覚えておけば、アイロンの達人にもなれちゃいます。

出典 http://www.caa.go.jp

新しく追加されたタンブル乾燥のマークも出来れば覚えておきたいところ。今回の洗濯表示の刷新で、自然乾燥のマークと少し似てしまったので、見間違いにも気を付けて。
クリーニング店へ衣類を持って行く際に役立つ洗濯表示です。

◆ まとめ:古い記号と新しい記号の比較

出典 http://www.caa.go.jp

古い洗濯表示と新しい洗濯表示を比較してみると、基本的なマークのモチーフは変わりませんが、今回の刷新でガラリと変わってしまったものもあります。また、数もかなり増えていますので、今すぐ全部を覚えるのは大変!
まずは手持ちの衣類のタグをチェックし、多いマークから覚えてみてはいかが?

◆ 業界でも急ピッチで作業が進んでいます!

Licensed by gettyimages ®

これらの新しい洗濯表示は、12月の変更に合わせてタグも付け変えられ、今年12月1日から販売されます。その為、業界ではこれまでの衣類のタグを付け替えるなど、対応に追われているそうです。

「メーカー側には、古い記号のタグがついていると、デザインが古い商品と受け取られる懸念があるようだ。これからしっかり対応していきたい」

出典 http://news.biglobe.ne.jp

◆ 大事な衣類を長くオシャレに着たいから…

Licensed by gettyimages ®

お洗濯方法や正しいクリーニングの出し方で、大切な衣類は長く着る事が出来ます。特にこれからの季節、ニットやコートなどお手入れに気を使う衣類の出番も多いのでは?
新しい洗濯表示を覚えて、正しい衣類のお手入れ、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス