皆さんの利き手は、右手ですか?

それとも左手ですか?

世界中では右利きが8~9割占めているということですが、ご存知でしたか?

左利きの人を見ると「かっこいい」「頭よさそう」「天才型」などといったイメージを持つことが多く、左利きの方にとってはやたらとハードルを 上げられるから嫌だと感じたことがあるのではないでしょうか。

日本の多くの場所、物は右利き用に考えられている製品が多いために左利きの人には日常生活で不便に感じてしまう人が多いといいます。

今回の記事では左利きにしかわからない日常での不便さをまとめていきたいと思います。

左利きについて

まず、日本と世界には左利きの日というものがあるのをご存知でしょうか?

国際左利きデー」は毎年8月13日日本の「左利きの日」2月10日です。

イギリスで誕生した、左利きの生活環境の向上に向けた記念日です。右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定されました。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

日本では2月10日が「0210」を英語で「左」を意味する「レフト」と読めることから2月10日を「左利きの日」あるいは「左利きグッズの日」としている。これには8月13日が盆時期である為、日本に於いては記念活動等が困難である事が理由とされている。

出典 https://ja.wikipedia.org

右利き用だけでない、だれでも安全に使えるような道具をメーカーに呼びかける日という日だそうですね。

では、左利きの方が感じる不便なこととは何があるのでしょうか?

左利きで不便を感じることとは?

改札機などは右側に読み取り機があるため、左手て行うと体を少しひねりながらの通過となってしまいますよね…

解いてる問題が見えないという…

学校や講義室でよく見かけるこの机ですが…
右側にしか机がなく左利きの方には不便ですよね…

自動販売機も基本右側にお金の投入口がありますよね。

真ん中に投入口があればいいと思ってる人も多いのではないでしょうか。

トランプも左利きの方から見ると数字が見えないんですね…

習字も左利きの人は慣れない右手で書くなどをしている人も多いんではないでしょうか。

私も書道をやっているのですが、左利きの人は右手で書くように頑張っていた記憶があります。

筆ペンや習字は鉛筆で書くのとは少し扱い方が違うので、右手の方が書きやすいとは思っていますが、なかなか難しいことですね。

どうでしたか。

多くの方は何不自由なく使っているものばかりでしたが、左利きの方にはやはり不便に感じている部分があるようですね。

冒頭でも話しましたが左利きの方は「かっこいい」「天才型」などといったイメージがもたれてはいますがそれなりに苦労している場面も多いということがわかりますね。

まだまだ、左利きの方にしかわからない悩みも結構あるのかもしれないです。

この記事を書いたユーザー

ti-zero このユーザーの他の記事を見る

ネットに転がっている面白ニュース、ためになるニュースをまとめることが大好きです!
暖かく見守ってください。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス