2011年3月11日。
東日本大震災が発生しました。とそれに伴って発生した津波。
2016年3月1日に消防庁が発表した震災関連死を含めた死者は19,418人にのぼる。
そして2,000人を超える人が今もなお行方不明となっています。

「もう5年。まだ5年…」

あの日、突然東北地方を襲った大地震。

―"会えなくなったあの人に、伝えたい…"
いつだってそばに感じて居たいのに、震災で失ってしまった。―

―"どこに居るの?"
生きているって信じてるけど、まだ見つからない…―

多くの人が心に秘めている想いがありますよね。
会えない相手に想いを伝える「風の電話」をご紹介致します。

「風の電話」

出典 http://farm9.staticflickr.com

「風の電話は心で話します 静かに目を閉じ 耳を澄ましてください 風の音が又(また)は浪(なみ)の音が 或(ある)いは小鳥のさえずりが聞こえたなら あなたの想(おも)いを伝えて下さい」

出典風の電話ボックス

岩手県大槌町の海を望む高台の上にある電話ボックス。
これが"風の電話"です。
電話線は繋がっておらず、親しい人を亡くした被災地が、空にいるその人と、静かに対話をするための場所として設置されました。

出典 YouTube

設置後は話題となりいくつかのメディアでも紹介されました。
電話ボックスの中にあるのは1台の黒電話と備え付けのノートのみ。
黒電話は震災前から不要になったものを譲り受けて置いていたものだそうです。

この「風の電話」を設置した方はどのような方なのでしょうか。

自身の経験から…

Licensed by gettyimages ®

庭師の佐々木格さんは震災後、自宅の庭に「メモリアルガーデン」を造り、「風の電話ボックス」を置きました。
実は震災前から考えていたことだったようです。

きっかけはいとこをガンで亡くしたこと。
"悲しむ家族を癒したい"という想いから2010年冬に庭に電話ボックスを置きました。
春の訪れを待っていたら震災が発生。
たちまち風の電話は多くの人に広まっていきました。

「気丈にしている人でも、実際は心の中で泣いている人が多い。
心情を吐露することで、少しでも苦しみから楽になってほしい。」

出典佐々木格さん

「遺族と亡くなった人の思いをつなぐことが必要と思った」

出典佐々木格さん

このように佐々木さんは話していました。

震災から5年経った今でも、心の傷が癒えることのない方がたくさん居ます。
一人でも多くの方に、知っていただけたら…と思います。

Licensed by gettyimages ®

NHKスペシャルでも取り上げられていました。

「父さん 聞きたいことが一つある。
なんで死んだんだよ
なんで父さんなんだよ…」

出典NHKスペシャル

「早く見つかれ

早く帰ってこい

どこでもいいから…生きてろ」

出典NHKスペシャル

1台の電話機に、多くの想いが込められています。
なかなか周囲には話せない、伝えたい想いがありすぎて言葉にできない…

訪れる方は受話器を手に静かに話しかける人も居れば、泣き続ける人。
中には躊躇して電話ボックスの中に入れない人も。

絵本にもなっています!

出典 https://www.amazon.co.jp

「風の電話」をもとに作られた絵本です。

筆者もこの絵本の著者のいもとようこさんの絵が大好きで持っていますが、
何度も何度も読みたくなる大事な一冊となっています。
切なさもあり、いもとようこさんの優しい絵がとても合っていて
子どもにもたくさん読んでほしいと思います。

Twitterでは…

「風の電話」を知った人は、Twitterでこうツイートしていました。

風の電話によって心が救われたという方も多く居ます。

「あまりにも突然、多くの命が奪われた。
せめてひところ、最後に話がしたかった人がたくさんいるはず。
そして今回の震災だけでなく、会えなかった人に伝えたい思いを持っている人は多いと思います。
どなたでもいらしてください。」
そう佐々木さんは絵本の取材時に言っていたそうです。

電話は通じないけれど、それぞれに喪失から立ち直るには多くのきっかけが必要です。
そのきっかけの一つになることでしょう。

この記事を書いたユーザー

ぷちママ このユーザーの他の記事を見る

3歳の娘の子育てをしている北海道在住の専業主婦です*
役に立つ、最新の情報を配信していきます。
宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス