衣服の「洗濯表示」マークが2016年12月1日に変更されることを皆さんはご存知だろうか?現在の洗濯表示は日本が独自に使用している日本工業規格(JIS規格)。12月からの新しい表示マークは国際規格になります。しかしマークの意味が良く分からないと言った声も多いようです。

新しい洗濯表示マークです。

出典 https://twitter.com

例えば、今まで慣れ親しんだ洗濯表示マークは…

出典 http://ameblo.jp

12月からは以下のように変わります。

そして当然ですが、洗濯表示(JIS規格)から国際規格(ISO規格)に変わってしまうと言う事は、あのドライマークも変わってしまうと言う事。

これからは「P」と「W」に変わります。

この「P」や「W」っていったい何のマーク?と頭が混乱して来る方も多いと思いますが、「W」「ウエットクリーニングが出来る」つまり水洗いを意味します。そして「P」は、「パークロロエチレン及び石油系溶剤を用いたドライクリーニングができる」という意味になります。パークロロエチレン??と更に頭が混乱してきそうですが…

この言葉は覚えても意味がありません。
忘れても大丈夫です。要するに、一般家庭で洗濯をする水洗いではなくクリーニング業者が行う「クリーニング専用溶剤によるクリーニング」が出来ると言う意味になります。これは今までのドライマークと同じですね。

こちらが新しい洗濯表示の一覧

クリーニングの種類には「P」「F」「W」と3つある

「W」は水洗いと言うのは分かるけど、「P」と「W」って何が違うの?って思いますよね。この「P」は既に記載した通り「パークロロエチレン及び石油系溶剤を用いたドライクリーニングができる」という意味。そして「F」「石油溶剤によるドライクリーニングができる」と言う意味になります。


覚える必要はないけど、
何が違うのか?気になる方へ


「P」のパークロロエチレンの方が「F」の石油溶剤よりも洗浄力が強い洗いが出来ると解釈すると分かりやすいと思います。だから比較的デリケートな素材の衣類は「P」よりも「F」の方が多いかもしれませんね。

しかし、この「P」と「F」のマークに関しては、家庭洗濯には関係ありません。だから前述の通り、実際は何も考える必要はないのです。

出典素材集

この「P」と「F」は何の為にあるの?

それは今までの「ドライマーク」と同じように、クリーニング会社が見るためのマークです。何故なら家庭ではパークロロエチレンや石油系溶剤を扱った洗濯は出来ません。だから実際には「P」でも「F」でも家庭洗濯には一切関係ありません。


チェックするポイントは「W」の有無。

家庭洗濯では100%水洗いですので、「W」だけをチェックしておけば良いでしょう。水洗いが出来る衣類なのか?水洗いが出来ない衣類なのかは大切なポイント。もし水洗いが出来ない場合は、なぜ「水洗いがダメなのか」意識すると良いでしょう。色が出るのか?縮んでしまうのか?など…

ところで、なぜ変更する必要があるの?

今回の洗濯表示の変更には疑問の声も多く上がっていますが、今までのJIS規格の洗濯表示マークは日本独自のもので、世界との隔たりがあまりに大きく海外からの要請が幾度もあったそうです。
そして長い交渉の結果、日本の洗濯文化(外干し習慣など)に合わせた基準に国際規格が変更された事を踏まえ、今回の変更が決定されたとのこと。日本の衣服を購入する外国人が増えて来たと考えると、表記を国際化する必要も頷けないでもないが…。

今まで慣れ親しんだ洗濯マークから国際規格に変わると言うことに困惑の声が多数上がっているようです。今まである洗濯マークに国際規格のマークを追加して2つ張り付けるだけで解決になりそうな気もしますが、そうはいかないのでしょうか?納得できるような、出来ないような気分ですが、12月1日から新しく変わります。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス