出典 http://abcnews.go.com

クリスマス先取りすぎる二人の写真。こちらの夫婦、年に数週間だけのクリスマスのイベントのため、本名を「サンタ・クロース」「ミセス・クロース」に改名し話題になっています。

ネブラスカ州のオマハという街に住む、Jeff BrooksteinさんとMary Brooksteinさん夫婦。2人は7年間に渡り裁判所に「クリスマス」にちなんだ名前の改名を申し出ていました。そして、2016年11月7日、ダグラス郡地方裁判所は2人の改名を正式に許可。晴れて、夫ジェフさんは「Santa Claus」に、妻のマリーさんは「Merry Christmas Claus」と名乗ることが認められました。

仕事のためとは言うものの、サンタさんの仕事はタクシーのドライバー。メリーさんはNGOで活動しています。なぜ、仕事のためかというと…

二人が出会ったのは2009年。当時彼らは、デイケアセンターや老人ホーム、ホームパーティでのイベントで、サンタやミセス・クロース役を演じるパートタイムの仕事に就いていました。いつも一緒にイベントに参加していた二人、サンタさんが、102歳のおばあさんと優しくダンスを踊る姿、小さな子どもの夢を壊さないように遊ぶ姿に、心奪われたメリーさん、二人は仕事を通し愛し合うようになったと言います。

彼らにとってサンタクロースに扮することは仕事ではなく人生そのもの、客観的に見てしまうと、年に数回のイベントの為に改名なんてと思うかもしれませんが、ご本人たちは1年を通してイベントを開催している気持ちでいるそうです。

クリスマスのイベントは1年の内数週間だけ行われるのではありません。1年を通し、街行く人達は私たちに「メリークリスマス」と声をかけてくれるの。6月でも7月でも11月でも季節なんて関係ないのよ。私たち夫婦が人々に届けるのは笑顔なの

出典 http://www.omaha.com

メリークリスマスさんのコメント。もう1年中クリスマスなんですね…まぁ、南国はどんなに暑くてもクリスマスが来ればクリスマスらしくなるので、そう考えれば季節は関係ないと言い切ってもおかしくない…かな?(笑)

彼らにとってクリスマスが人生そのものなのです。このイベントの仕事も運命のようなものと言い、改名にも大きな意味があるのだとか。最近の子ども達はしっかりしています。「サンタクロースだよ。メリークリスマス!」と言うと「身分証見せて」と切り返してくるらしく(笑)改名を認められた彼らは堂々と身分証を提示できると喜んでいます。

彼らの改名は大きな話題になり祝福の声が多数届いてします。

・改名おめでとう。あなた方ご夫婦は人生をとても楽しんでいらっしゃるのですね。素敵なこと。メリークリスマス!

・あなた達のことが大好き。もしカルフォルニアに来ることがあれば全力でサポートするわ

・本物になったんだね。おめでとう。

・素晴らしい仕事だと思うわ。これからも多くの人にハッピーを届けて下さい。

出典 http://www.omaha.com

出典 http://abcnews.go.com

彼らは多くの海外メディアに取り上げられました。その取材に対し「お金ではない価値に気がつきました。多くの人々が私たちの姿を見て笑顔になってくれるhappyな1日をサポートできる。こんな素敵な仕事はないわ」と顔を綻ばせるご夫婦。

彼らの本名は、Santa ClausとMerry Christmas Claus。仕事ではなく人生をクリスマスと人々の笑顔に捧げた二人。その心はとても豊かで温かい気持ちで満ち溢れているようです。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス