極寒の地シベリアで不思議な自然現象が起きました。オビ湾の海岸に多大な数のスノーボール!!これから雪合戦でもしたくなるような光景です。実はこれが自然の力でできたというのです!!この驚きの自然現象はいったいどうやってできたんでしょうか?

誰か雪合戦でもするかい?

アーティック海のオビ湾の海岸に自然が作った雪のボールがあるよ。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

Gulf of Ob(オビ湾)とはカラ海に面した湾のこと。陸の奥まで入り込んだ細長い湾です。

スノーボールができた場所は、ヤマル半島付近にあるNydaという村で、スノーボールの絨毯は11マイル(17.7km)にも及んでいました。

見てください、この雪玉の数!!もの凄い数のあまり圧倒されますね。

スノーボールの大きさはまちまちで、全てが雪合戦できるような大きさではありません。上に座っている女性と比較すれば、どれだけの大きさかが分かります。

スノーボールは自然の力で作られた!

According to news reports, the snowballs first formed in late October, after water in the Gulf of Ob rose and covered the beach in ice. Just as kids roll snowballs along a snow-covered surface to create bigger spherical creations, ice on the beach rolled along the sand as the tides receded, creating the frozen orbs.

出典 http://www.cnbc.com

ニュースではこう伝えられています。スノーボールが最初にできたのは10月末ごろで、オビ湾の水は凍った海岸を覆いました。そして、まるで子供達が丸めて作ったかのような雪の玉は、潮が引いた後の砂に沿って凍った玉になりました。

Spokesman for the Arctic and Antarctic Research Institute (AARI) Sergey Lisenkov said: 'It is a rare natural phenomenon. As a rule, grease ice forms first, slush. And then a combination of the action of the wind, the outlines of the coastline, and the temperature, may lead to the formation of such balls.'

出典 http://siberiantimes.com

ロシア北極南極研究所の広報官、Sergey Lisenkov氏によれば、この雪の玉は、ある特殊な気象条件の下で形成されたのではないかと言っています。
彼は"風と海岸線の形、気温の組み合わせが雪の玉の形成を導いたのかもしれません"とのこと。

出典 YouTube

風と海岸線の形と気温の偶然が重なって生まれた自然のアート作品!お見事です。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス