耳のない猫、オティティス

何らかの事情で飼い主がいなくなった犬猫を一時的に保護し、世話する施設が欧米にはたくさんあります。米バルチモアのとある保護施設に長い間いた猫、オティティス。彼はずっと新しい飼い主を待っていました。でも、施設に来る人はみんなオティティスを通過していくだけ…というのも、オティティスには両耳が全く無いという状態でした。

大学院生のモリーさんと出会った

不安障害を抱えていた大学院生のモリー・リヒテンオルナーさんは、ある日この保護施設を訪れ、オティティスに出会いました。今まで他の人には見向きされなかったオティティスでしたが、モリーさんは一目でオティティスを気に入りました。

オティティスに耳がない理由とは…

オティティスは、前の飼い主に虐待されたのではありません。耳に嚢胞(のうほう)ができてしまったために、オティティスの耳を根こそぎ切除してしまう以外に方法がなかったそうです。高い費用を出せば耳を切除せずに治療ができたようなのですが、元の飼い主にはその余裕がなかったのだそう。そのため、もちろんオティティスは全く聞こえません。

モリーさんとオティティスは傷を抱えた者同士、近い存在に

身体的に障がいを持つオティティスと、過去の交通事故が原因で重度の不安障がいを抱えているモリーさんの距離はすぐに縮まりました。耳が全くないオティティスとの会話もモリーさんはジェスチャーなどで工夫して、意思の疎通を図っています。

「私には、オティティスのような癒してくれる存在が必要でした。オティティスと暮らすようになってからは、不安障がいが少し軽くなった気がします」と話すモリーさん。今でも時折パニック障がいを起こしたりストレスが溜まりやすくなるモリーさんを、オティティスはどうすれば癒せるかを十分心得ている様子。

オティティスだけが、気持ちを落ち着かせてくれる時も…

モリーさんは、「私はオティティスを救ったんじゃないの。私が彼に救われたの」といかにオティティスの存在が今は大きなものになっているかを語っています。「私が人生で得たものの中で、オティティスは一番よ」というモリーさん。互いに愛情を注ぎ合ってサポートし合いながら日常生活を過ごしているそう。

モリーさんの具合が悪い時も、そっと寄り添ってくれるオティティス。

オティティス現在9歳半のおじいちゃん猫だった

猫年齢で9歳半というオティティスは、もうシニアレベル。でもモリーさんと遊ぶときは、まるで仔猫のように元気いっぱいに弾けるのだとか。ペットと人間も愛称というのがあると筆者は思っています。きっとモリーさんとオティティスは最高のコンビなのでしょうね。

モリーさんをじ~っと見るオティティス

朝起きるといつもこんな風にオティティスがじーっとモリーさんを見ているのだそう。「ちょっと変わった猫だとは思う」というモリーさんですが「じーっと見られるのも悪くないわよ」とオティティスの全てが大好き!という気持ちが伝わってきます。

いつまでも長生きして仲良くね!

オティティスが心の支えになっているモリーさんにとっては、是非ともオティティスには長生きしてもらいたいところ。偶然出会った運命のペットと飼い主って素敵ですね。もっとほっこりしたい猫好きのあなたは、是非オティティスのInstagramへどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス