カジュアルなキャラクターで女性にも人気のFPS(ファースト・パーソン・シューティング)ゲーム『オーバーウォッチ(Overwatch)』の発売元ブリザード・エンタテインメント(Blizzard Entertainment)が自社イベントで、本作の公式プロリーグ発足を発表しました。

新たなeスポーツ競技の誕生に世界中のゲームファンが注目していますが、アメリカやヨーロッパ、韓国、中国が地域リーグを設立したのに比べて、eスポーツ後進国である日本はアジアパシフィック枠に留まっています。かつて、ゲーム先進国として名をはせた日本としては悔しい限りです。

そこで、「FRESH!」での実況動画をまじえながら、『OverWatch』の魅力を紹介します。ゲームの認知度が上がればプレイヤー数も増え、プロリーグの活性化にもつながります。魅力いっぱいの『OverWatch』ワールドをどうぞ!

女子もプレイしているカジュアルなFPSゲーム

FPSといえば、『コールオブデューティ』や『バトルフィールド』など、銃を持った兵士たちが激しい銃撃戦を繰り広げるハードな内容のものが多いです。

しかし、ハードな設定を持つキャラクターもいますが、アニメ寄りのキャラクターデザインなので、他FPSと違って女性にも受け入れやすいのも人気の秘訣です。カーキ色の軍服を着た人たちがガチャガチャ走る戦場ではなく、カラフルなスーツをまとったヒーロー(ヒロイン)が跳躍しながらビームを放つSFテイストなゲームです。

実況者でもたぴみるさんやぴゃんみつさんがプレイ動画を配信しており、楽しく撃ちまくっています。

たぴみるさんは、ガンガン前に出るタイプではないらしく、身を隠せそうな場所を移動しながらの中距離戦がプレイスタイル。

ちょっと気分屋のぴゃんみつさんですが、最初はテンション低めでもプレイしていくうちにテンションがあがっていきます。

「ヤバイヤバイ」といいつつ、激戦地の真ん中に立とうとするのはゲーマーの血が騒ぐから?

とにかく画面が派手で楽しい

『OverWatch』の魅力の1つには、とにかく個性的なキャラクターと派手な技があります。

リアルな軍事系FPSでは、静かに敵を見つけて速やかに倒すことが求められますが、このゲームでは、ガンガン撃って目立ったほうが面白いです。

欠陥製品さんの動画より。敵と味方の交戦ですが、同じプレイヤーキャラクターとは思えないほど外見が違います。女の子キャラも多く、見ているだけで楽しめる外見を持っているのも人気の秘密でしょう。

こちらも欠陥製品さんの動画より。

キャラクターには個々に必殺技があり、キャラを変えただけで全然ゲーム内容が変わります。
欠陥製品さんが使用しているメイは、凍結ビームを使うキャラクターで相手に当てることで動きを鈍らせ、最終的に冷凍することができます。(画像では相手のビームをくらって自分が凍っていますが……)

そのほか、ニンジャのようなスタイルのゲンジは、刀で敵の射撃をはじくことができるなど、キャラクターごとにトリッキーな技がいっぱいです。

すでに参加可能な賞金トーナメントも存在

メーカーの公式プロリーグではないものの、国内でゲーム大会を運営しているJCGさんでは、すでに大会を開催してゲーマーたちが腕を競っています。

現在賞金総額48万円と規模はまだまだ小さいですが、ゲームで賞金を得ることができる国内でも数少ない大会の1つです。

公式大会の模様を定期的に配信しているので、これを見て大会のレベルを知り、自分も腕前と比べてみるといいかもしれません。

戦っても見ても楽しい『OverWatch』

渋いミリタリー系FPSも面白いですが、派手なバトルをワイワイ楽しめる『OverWatch』は、FPSゲームの間口を広げるという意味で注目される存在です。

実況者の中には、かなりの実力者も多いので彼らがアジアパシフィックリーグに名乗りを上げる可能性もゼロではありません。

ゲームの歴史が比較的浅いため、今からゲームを始めても十分に間に合うタイトルでもあります。実況者たちに挑戦し、彼らを踏み台にプロゲーマーへの道を進むのも面白いと思います。

プロリーグは発足が発表されただけで、大会スケジュールなどはまだ不明です。ですが、公式大会だけに世界中のプロゲーマーたちが激闘を繰り広げることだけは確実です。

動画視聴で観客としての眼を養うも良し、プレイヤーとなってeスポーツ市場に挑戦するも良し。自分なりの『OverWatch』の楽しみ方を見つけてください。

この記事を書いたユーザー

GAMY編集部 このユーザーの他の記事を見る

ゲーム攻略サイト・GAMY(ゲーミー)です。ゲーム実況動画に関するトピックスをメインにお伝えしてゆきます。https://gamy.jp/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス