記事提供:Doctors Me
医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

夜に十分寝たはずなのに、日中また眠くなってしまう...。
そんな経験をお持ちの方はいらっしゃいますか? じつはそれ、過眠症と呼ばれる状態かもしれません。

今回は過眠症について紹介していきましょう。

過眠症とは?

夜どんなに寝ていても日中眠くなってしまうという人は、「過眠症」の疑いがあります。

過眠症の特徴としては、日中強い眠気に絶えず襲われ、起きている状態を維持するのが困難な状態、そういった状況が少なくとも1か月以上続いているという方は過眠症に当てはまっているといえるでしょう。

過眠症は様々な原因が考えられます。ホルモン分泌の異常から、普段の睡眠時の状態、あるいはうつ病などの精神的なところからも過眠症が引き起こされてしまうことがあるのです。

そうなると学校や仕事などに支障をきたしてしまうのはもちろんのこと、実は自分が想像もしなかったような病気が引き起こされているということもあるので、油断はできませんよ。

日中眠くなる原因

過眠症の原因はやはり脳にあります。何らかの理由でここの機能に障害があると、過眠症になってしまいます。特に多いのは「ナルコレプシー」ですね。

ナルコレプシーとは

ナルコレプシーとは、日中に耐えきれないような眠気に襲われる状態が、何か月間も続いてしまう睡眠障害です。

日中の眠気自体は、寝不足や食後など誰にでも起こりうるものですが、ナルコレプシーの場合は、前日に十分な睡眠をとっていても、日中に眠気に襲われてしまうのです。

特に10代での発症が多く、14~16歳ごろがピーク。中高年以降で発症することはほとんどないといわれています。

ナルコレプシーから起こる発作

多くの場合は、緊張が強ければ何とか我慢できる眠気だそうですが、中には耐えきれなくなって突然眠り込んでしまう「睡眠発作」を伴っていることも。

他にも笑ったり驚いたときに急に脱力してしまう「情動性脱力発作」や、睡眠時に金縛りにあったり、入眠時に実体験のような夢を見る「入眠時幻覚」などの症状もあるそうです。

周囲から厳しい目で見られることも...

厄介なのは周りから「怠け者」のような扱いをされてしまうことですね。

学生のうちもそうなのですが、特に社会人になってもこの症状が治らない場合、仕事中にウトウトしているだけでも、「あいつはいつもたるんでいるな」というレッテルを張られてしまうのです。

そうしているうちに居場所を失ってしまい、転職や退職を余儀なくされることに…。

ナルコレプシーはホルモン分泌の異常?

ナルコレプシーの原因は今まで謎が多い状態だったのですが、最新の研究結果でようやく「オレキシン」という物質が原因なのではないかと叫ばれるようになりました。

オレキシンとは

オレキシンは別名「睡眠ホルモン」といわれ、脳の中でも自律神経をつかさどっている「視床下部」というところから分泌されます。

睡眠状態と覚醒状態(目が覚めている状態)の切り替るスイッチのような役割を果たしているホルモンです。

そして研究を重ねていくうちに、ナルコレプシー患者はこのオレキシンの分泌が少なくなっていると判明し、これが原因なのではないかといわれるようになってきました。オレキシンの分泌が減少して、睡眠状態と覚醒状態の切り替えがうまくいかなくなると、日中に眠くなってしまうというのが、ナルコレプシーの一連の原因です。

となると、ナルコレプシー解消のためには、このオレキシンの分泌を増やしていく必要があります。本来はサプリメントから摂取することができると良いのですが、残念ながら日本にはまだありません。

オレキシン自体も1998年に発見された物質であり、まだまだその役割について謎が多かったりするので、なかなか難しいところですね。

規則正しい食事でオレキシンの分泌を増やす

ただ、日常生活でなるべくオレキシンの分泌を増やしていく方法はあります。それは「食事」です。規則正しく(なるべく毎日同じ時間に)3食をしっかりと、よく噛んで食べる。

すごく単純なことかもしれませんが、これをすることで実際にオレキシンの分泌が多くなったということは、研究によって証明されています。

しかし、ナルコレプシーは時によっては非常に危険な病気です。運転中に眠気に襲われてしまっては大変ですからね。なので、いくらオレキシンを増やす方法があるからといって、決して自分だけで治そうとしてはいけません。

必ず医療機関へ相談するようにしましょう。

医師からのアドバイス

その他にも睡眠時無呼吸症候群や、非定型うつ病などが原因となっている場合もあります。

日中眠たくなってしまうのは、決してあなたが怠惰だからではありません。まずは自分自身のことを良く知って、しっかりとした対策を行いましょう。

▼続けてこちらも
すぐ実践!自律神経を"だまして"睡眠の質を上げる5つの入眠儀式

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス