記事提供:Doctors Me
医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

2016年10月31日(月)じゃがいもの皮や芽に含まれる有毒成分による食中毒の9割が、学校菜園で採れたもので発生していることが報じられました。

食中毒が発生している原因として正しい栽培方法で育てなかったことによるものが多く、栽培法の周知が呼びかけられております。

今回は「じゃがいもの食中毒」について、医師に解説していただきました。

食中毒を引き起こすじゃがいもの特徴とは?

かたちが小さくて、栽培中に日光に当たってしまったじゃがいもには注意が必要です。
皮や芽を厚めに剥き、皮を剥いても緑色の場合は食べないようにしましょう。
また保管方法や栽培法がはっきりしない、小さなじゃがいもは避けたほうが良いです。

栽培する時は、しっかり土寄せをし、栽培中にじゃがいもが日光に当たらないようにすることが重要なようです。

じゃがいもの有毒成分ソラニンとは?

天然の毒素ポテトアルカロイドの一つで、じゃがいもに含まれることが知られています。 摂取しすぎると死に至ることもある猛毒です。

■ソラニンによる症状
・嘔吐
・胃の不快感
・頭痛
・食欲不振
・幻覚

上記のような異常症状を感じたら、水分を十分に摂取し、下痢がある場合などは身体を温め安静にしましょう。そしてできるだけすぐに医療機関を受診します。

医師からのアドバイス

食中毒は意外と身近にあるものです。
家庭菜園や学校の授業の一環としてじゃがいもを栽培した場合に、食中毒を起こすこともたびたびありますから、味がおかしかったり、見た目で迷うような場合は食べないようにすることが大切です。

▼続けてこちらも
【2016年】インフルエンザ流行速報!予防接種はいつ受ける?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス