愛する子供の写真をできるだけ多く残しておきたいと思うのは、きっとどの親でも思うことでしょう。生まれた瞬間から我が子をずっと撮り続けているという親も少なくありません。

子供の成長は早く、次第に親が置いてきぼりに感じてしまうことも。1日1日で子供の姿は少しずつ変わり、気付いたらもうこんなに成長していたのかと筆者自身も驚かされることがあります。精神面でも子供は毎日いろんなことを吸収して大きくなっているんですよね。

そんな最愛の我が子2人を写真に収め続ける母

出典 https://www.facebook.com

ポーランド在住の女性アナ・ロズワドースカ(Anna Rozwadowska)さんは、プロの写真家ではありません。でもその腕前はプロ並み。そして写真にかける情熱は半端なく、ただ子供たちの写真を撮るだけではなく、子供たちの衣装も全て手作り!

アナさんは普段は学校の先生でとっても忙しい日々を過ごしています。でもジェイコブ君とバーバラちゃんが生まれた時からずっと写真を撮り続けているアナさんは、「子供たちに衣装を作って、写真に収めて…っていうのはもはや私のライフワークよ」と語ります。

アナさんの創り出す世界はマジカルでファンタジー感が溢れている

出典 https://www.facebook.com

「ちょっとユニークな写真を撮ろう」と思いついたのがきっかけで衣装を手作りするようになったというアナさん。彼女の生み出す世界は、温かくて柔らかく、ファンタジー感溢れるマジカルな世界。

「娘はまだ小さいから、1枚の写真を撮るのに10分か15分が限界ね」とアナさんは言いますが、バーバラちゃんのこの写真、本当に妖精のようでとっても可愛い!

衣装だけでなくセッティングも素晴らしい

出典 https://www.facebook.com

衣装にマッチさせてセッティングにも手を抜きません。ちょうどハロウィーンが終わったところですが、たくさんの大きなかぼちゃに囲まれて、かぼちゃの妖精かな?

ジェイコブ君もなかなかのモデリング

出典 https://www.facebook.com

この1枚で物語が生まれるようなそんな写真。

普段は教師という多忙な職業を抱えているアナさんは「子供たちの衣装を作って、こうして写真を撮ることは私の趣味で、これらはとっても大きなエネルギー源になっているんです」と根っから楽しんで撮影していると言います。

衣装代にお金をなるべくかけないように、コストを抑える努力もしているのだそう。そして撮影のロケーションもできるだけ家から近い場所を選んでいるのだとか。アナさんが撮る写真は、時に現実とは思えないほど美しく、可愛いジェイコブ君やバーバラちゃんがそんなファンタジーの世界にしっくりハマっています。

赤ずきんちゃんになったバーバラちゃん

出典 https://www.facebook.com

出典 https://www.facebook.com

子供の世界っていいね。

ハリーポッターが似合い過ぎのジェイコブ君

出典 https://www.facebook.com

雰囲気が100%出ていて、まるで本物のハリーポッターのよう。子供たちも楽しみながら撮影してもらっているように見えますね。

幻想的な世界が子供たちを包み込む

出典 https://www.facebook.com

アナさんの写真は、1枚1枚がまさに息を呑むようなスケールや美しさです。プロ並みの技術があることは誰もが納得できるのではないでしょうか。アナさんいわく「アイデアはどんどん頭に浮かんでくる」のだそうで、今後もアナさんのファンタジーワールドが楽しみです。

アナさんの作品をもっとご覧になりたい方はFacebookのアカウントへどうぞ(下記リンク先)。可愛い子供たちの優しい世界観を見ているだけで私たちも癒されてしまいます。

忙しく仕事をしながらも趣味を楽しむアナさんは素敵ですね。好きなことを続けることが仕事や子育ての励みなるのだということを、アナさんから教えてもらった気がします。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス