パーティの季節に突入!ハロウィンが過ぎれば、街は一気クリスマスムードですね。
11月はボジョレー・ヌーヴォー解禁もあり、お酒のあるオシャレなおうちパーティを企画している方も多いのでは?

ワインが似合うオシャレな食卓に欠かせないのが、おつまみの「オリーブ」。そのままで手軽に食べる事ができるので、大人数のパーティでも重宝します。黒・緑の見た目もオシャレ。


今回は常備しておくと便利なオリーブを使った、簡単おつまみをご紹介します。ワインに合う3品です。オシャレなテーブルを演出できますよ!

◆ 海老とオリーブのマリネ

出典筆者撮影

湯がいた海老に、材料を合わせるだけのマリネは前日作り置きできます!

【材料4人分】

むき海老      12尾
グリーンオリーブ(種無し) 12個
紫玉ねぎ      1/8個
レモン汁      大さじ1/2
オリーブオイル   大さじ1
塩         小さじ1/4
こしょう      少々
パセリまたはディル 2g

【作り方】

1 小鍋に湯を一度沸騰させ、グラグラしない程度に温度を下げる。 海老を入れ3~4分茹でる。 水を切り、そのまま自然に熱を取る。 (予熱でも火が入ります。)

2 紫玉ねぎ・パセリはみじん切りにする。

3 ボールに材料を全て入れよく混ぜ、30分ほど置きできあがり。 (一晩置いても美味しいです)

ポイント オリーブは種有でも。
海老は茹ですぎると固くなるので、注意。

◆ タコとオリーブのトマト煮

出典筆者撮影

タコと黒オリーブをトマトで煮込んで。ハーブの香りがセンスアップの決め手です。ロゼワインもいいですね。

【材料(2人分)】

蒸しタコ     150g
ホールトマト缶  1缶
玉ねぎ      1/2個
ニンニク     1かけ
オリーブオイル  大さじ1/2
塩        小さじ1/2
醤油       小さじ1/3
フレッシュタイム 4~5本
黒オリーブ(種無し) 8個

【作り方】

下準備 トマトは潰しておく。ニンニクは芽を取り除いておく。

1 タコは食べやすい大きさにぶつ切りし、玉ねぎはみじん切り。種無しオリーブは半分に切る。

2 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ温め香りを出し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。

3   ②にトマト・オリーブ・タコ・塩・タイムを入れて10分ほど弱火で煮込む。

4   ③の味を見て醤油を回し入れ、再度3~5分ほど煮込み好みの水分まで飛ばす。

◆ オリーブのチーズ風味フライ

出典筆者撮影

乾杯のスパークリングワインにもぴったり、黒オリーブに変えて赤ワインにも合うようなおつまみです。カラっと揚げるだけ!

【材料5人分】

種無しオリーブ  25~30粒
片栗粉      大さじ3
水        大さじ1.5
パルミジャーノ・レッジャーノ 8g
こしょう      少々
パン粉(細かめ)  適量
オリーブオイル(揚げる用) 適量

【作り方】

1 ボールに片栗粉・水・すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ(または粉チーズ)をあわせる。

2 オリーブを入れ1を万遍なく衣を付け、細かめのパン粉を付ける。

3 オリーブオイルを小さなフライパンに入れ中火で温め、2をカリっとするくらいに揚げ油を切る。串に刺し、こしょうを挽いてできあがり。

いかがでしたか?


パーティを彩る簡単1品おつまみ、ぜひお試しください!

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス