あなたはどの最悪を期待するか???

いよいよ公開が迫ってきた小栗旬主演×大友啓史監督による
本格サイコサスペンス「ミュージアム」。
先日公開されたカエル男の正体の中身。
超特殊メイクの妻夫木聡のビジュアルに驚かされた方も多いだろう。

抜群のキャッチコピー

今作のキャッチコピーは゛あなたは最悪のラストを期待する”。

これは本当にうまい言葉を考え・紡いだものだ。

原作コミック、映画版、ノベライズ版それぞれその最悪のラストが違っている。

原作コミックのラストはある種・悪夢的なラストを示している。

事件は解決したものの、主人公の心に残る闇がいつまでも消えないままでいる。

出典 YouTube

映画版のラストはもっと実感をこもったものになっている。

わずかな描写で、説明的なことはほとんどないのものの、
それに気が付くと一気にゾクッとされる。

そして物語の最悪のラストの先にあるもっと強烈なラストを想像させる。

公式ノベライズでは映画とは違った形で物語の先を描いていて、

実は、これが一番〝えぐい”かもしれない。

映画でこの展開となったら、ものすごく突き放された感があって、
席を立つことはできないかもしれない。

現行の映画版ですら、超の付く重いらすとなのに・・・・。

映画効果に合わせてコミックス完本上下巻発売

旧来の原作コミックは「ミュージアム」とは別に
作者巴亮介の短編が組み込まれている公正になっていたが、
今回の映画公開に合わせて完全書下ろしの
カエル男の未公開殺人を加えた純正「ミュージアム」ともいうべき
完本上下巻が発売され、書店に並んでいる。

ぜひ、映画、コミック、小説とコンプリートして

お好みの最悪のラストをお選びいただきたい。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス