「卵」と聞くと、使えるものは中身で「殻」はゴミと思われがちですよね。


しかし、「卵」は、その全てに使い道があるんです。

例えば、卵の殻についている薄皮(卵殻膜)は、2008年に美容に関する研究結果が発表されています。


高級美容液に匹敵!【家庭のゴミ】の【卵の薄皮】は美容の宝庫だった!

自宅で高級エステ。捨てるはずだったあのゴミで【セルフアンチエイジング】


電子レンジで簡単ゆで卵の作り方

今回は、卵の殻の活用方法を紹介します。

油をキレイに…

Licensed by gettyimages ®

揚げ物に使った油は、何度も使うと茶色く変色したりドロドロになってしまします。

少量のご飯粒で、油カスを取ったり、梅干しを入れてあげると良いことは知られていますが、実は、卵の殻も同じく油をキレイにする効果があります。

衣類や布巾の漂白に…

Licensed by gettyimages ®

卵の殻には、漂白効果があるとお話しましたが、それを活用しましょう。

鍋に卵の殻を入れ、(写真ほどの大きさの鍋で卵3個分くらい)
そこに、布巾や靴下などを入れ、グツグツと30分ほど煮て下さい。

生地が漂白され、キレイに蘇ります☆

こちらを試される際には、殻をあまり砕かないことをオオススメします。
(細かく砕いた殻が衣類につくと、あと処理が大変です。)

口の狭い入れ物の掃除に…

出典筆者撮影

ビール瓶のような、口の狭い入れ物は、なかなかキレイに洗えません。

瓶の中に、砕いた卵の殻を入れ、1/4くらいの水を入れ、シェイクすると、卵の殻が容器の中をキレイに掃除してくれます。
 また、卵の殻は漂白効果もあるので、茶渋のついた湯のみを洗う時に用いると、茶渋が取れてキレイになります。

クレンザー代わりに…

出典筆者撮影

さらに細かく砕くと、クレンザーの代用として使えます。

茶渋のついた湯のみや、コーヒーの染みついたマグカップ、焦がしてしまったお鍋など、この殻を使えばキレイに落とすことができます。

植物の肥料に…

Licensed by gettyimages ®

卵の殻を、土にまくと土がカルシウムを吸収して肥料となる。
と、一時期流行りましたが、実際には効果がありません。

なぜなら、肥料となる卵の成分を土が吸収するには、何十年の年月が必要だからです。


しかし、酸性の土を中和するには使えるので、土の酸度を整えるには良いと思います。



卵の中身、卵の殻、卵の薄皮、全部を有効活用できます。

捨てる前に、一度お試しくださいませ。



では、また…
園田梅子でした。

この記事を書いたユーザー

園田梅子 このユーザーの他の記事を見る

約10年ほど前、愛読者10万人を超えるタイトル「現役ばぁちゃんの知恵袋」というメールマガジンを発行。諸事情により、一度ネットの世界を遠退きました。
今、10年の時を経て再びネットの世界に戻って来た次第でございます。
自称年齢→永遠の80歳(実際はもっと若いのではないかと噂)
【○○が××にも使える!】【○○は××だった】など、生活のお得情報や、私自身が感銘を受けた記事を書いていきます☆

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら