戦力外通告の記事が出て気になったのでまとめました

戦力外通告とは

 主にプロスポーツにおいてチームに所属する選手に対して、すでに自チームの戦力構想から外れていることを通告すること。
 選手契約の解除や選手整理を意味する言葉である。
 身体能力の低下、怪我・病気、あるいは成績の伸び悩みや試合で起用されなくなったなどの理由で自チームの戦力構想から外れた選手に行われる。
 主にベテラン選手に対して行われることが多いが、若くして戦力外を通達される選手もいる。
 その裁量は状況によって多様である。
 また複数年契約の途中であっても結果が伴わなければ中途での契約解除(事実上の戦力外)とする場合もある。
 その場合、特約がない限り複数年契約で約束された残りの年俸は支払われる。 

出典 https://ja.wikipedia.org

プロ野球の場合
 日本のプロ野球の場合戦力外通告は公式には任意引退や自由契約といった区別がある。
 他球団への入団機会確保などの目的で事前に翌年度の契約を結ばないことを通知することを制度化しているものである。なお、戦力外通告を受けて引退を決意した選手が任意引退選手として公示されることもあるので、任意引退と戦力外通告による自由契約は、一概に線引き出来るものでもない。

プロサッカーの場合
 Jリーグなどプロサッカーにおいては、戦力外通告の同義語で「ゼロ円提示」と報道される場合もある。この「ゼロ円」は翌シーズンの年俸の額を意味するが、選手側がそれを受け入れて年俸ゼロ円でクラブに残留することは出来ず、必ず移籍または現役引退を選択しなければならない。

出典 https://ja.wikipedia.org

他競技、社会人選手の場合
基本的には、企業と社員契約をしているので、戦力外になると、その会社の社員で残れる事が多い。
ウインタースポーツに多い、所属せずに「スポンサー契約」「サポート契約」であった選手は、戦力外になると、何の保証もない。
ゴルフやテニスなど試合の賞金で成り立っている競技は、獲得賞金がなくなり、自己負担の活動費がマイナスになるので引退するしかなくなる。

引退後のお仕事

出典 https://www.amazon.co.jp

検索で探すと、ここにリンクが貼れるソース元ほ、とんどプロ野球選手の事です。
ただし、転写禁止になっている、有料のニュースサイト、有料の出版社の記事、電子書籍を閲覧すると、各競技、同じような事が書かれていました。

トップ選手や指導力を見いだされた者なら、監督、コーチとして、指導者の道が開かれる。 

出典 http://news.livedoor.com

ただし、狭き門でありながら、基本は1年契約で、数年後は無職になる。

ユニフォームを着ることができない者は解説者、評論家として、テレビ、ラジオ、スポーツ新聞等で活躍するのが一般的。

出典 http://npn.co.jp

現役時代から、芸能事務と契約しておくのが大事だという事です。
プロ野球の地上波放送は減りましたが、スカパーなどの専門チャンネルがあるので、多くの競技の解説者の仕事が増えています。

ちなみに、
芸能ニュースやネットニュース等では、「視聴率低迷の為にプロ野球の地上波が消えた」とあります。
経営者用の書籍、ビジネスの専門サイトでは、有料放送の方が稼げる時代になったので、有料放送にシフトした、と書かれています。
さらに、世界の人が字幕で見るので、知名度よりも「競技を解説できる人」が選ばれます。
英語力があると海外の試合解説も。

監督、コーチ、解説などの仕事が無い選手は不安なのです。
そういう選手の為に、サポートする専門の団体が出来ています

独身選手の親御さん、既婚者は奥さんがチェック!

Licensed by gettyimages ®

アスリートの多くは、専門にしている競技いがい、ほとんど無知なのです。世の中を知らないのです。
なので、周りにいる人がサポートするのです。

監督、コーチ、解説などの仕事が無い選手は不安なのです。
そういう選手の為に、サポートする専門の団体が出来ています 

さまざまな事例を見てみると、セカンドキャリア問題は個人に委ねられている部分が多くを占めているようだ。
しかし、菊教授によれば、スポーツが文化であるならば、スポーツ選手は社会の良きモデルとされ、引退後も社会貢献に活用される人材として期待されるという。
「アスリートのセカンドキャリア問題は、日本がスポーツをどう見ているのか、扱っているのかにも関わっている」と菊教授。
実はそこにこそ、セカンドキャリア問題の根本的解決策があるのかもしれない。

出典 http://theborderless.jp

2013年のシンポジウムの内容をまとめた、同主催者のHPです。
元力士、元スケート選手、などが、実例を発表しました。

※上の出てくる菊教授とは、筑波大学教授 「菊幸一」氏の事

この記事を書いたユーザー

マッキー太郎 このユーザーの他の記事を見る

現在。自宅で両親の介護生活。外に出る機会が少ないので買い物は通販がメイン。田舎なので家庭菜園もしてます。元々は音楽お仕事をしています。自宅にラジオ番組収録にも提供している録音、録画、放送、演奏などができるスタジオがあります。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス