江戸川区、(有)笠原製菓のSENBEI BROTHERS

江戸川区に工場を持つ、(有)笠原製菓の「おせんべい」が今話題沸騰!!

「おせんべいをおいしく・かっこよく」のコンセプトの元に作られたおせんべいは、何と言っても、パッケージがオシャレ。

名前にもなっている「Brothers」、実は兄弟でこの工場を運営されていて、元WEBデザイナーの肩書を持つお兄さんが、パッケージのデザインを担当。
そして、弟さんが一人でおせんべいの企画~製造までを担っているそう。

元WEBデザイナーのお兄さんが作り出すパッケージのデザインは何とも斬新で、一見見ただけでは「おせんべい」の風格すら感じさせない、オシャレなデザイン。

また、すぐ湿気てしまうおせんべいに「食べ残し」はご法度。

でもこちらのおせんべいのパッケージは、パウチデザインを採用しているので、これなら「食べ残し」ても安心ですよね。



SENBEI BROTHERS のおせんべいは「ガツンと来る味」

こちらのおせんべいの特徴が、まずは「種類とその味付け」

現在、20種類程あるおせんべいの種類ですが
■チェダーチーズ
■バジル
■トマト
■にんにく
■極みわさび


これまで「おせんべい」の味付けにならなかったような「味」が豊富です。

「味付け」にポイントは、「好かれるか嫌われるかのボーダーライン」の味なんだとか。


その為、味付けは「濃いめ」に設定されていて、「おつまみ」としてのニーズを上手に汲み取っているとのこと。


また、うるち米100%製造され、通常「サラダ油」を使用する所、こちらのおせんべいは「オリーブ油」を使用し、差別化。


そんな「おせんべい」には、もちろん「予約が殺到」

ネット予約は、1ヶ月~2ヶ月待ちは当たり前。

その他、工場内での自家販売や百貨店等の催事に出店することもあるそうなので、要チェックです。




SENBEI BROTHERSのこれからの野望

「日本・海外関係無く、おせんべいを食べ続けてもらいたい」

それが、せんべいBrothersの本望だそう。


皆さん、最近「おせんべい」食べていますか?

「おせんべい」の歴史を塗り替えた、「ガツンと来る、SENBEI BROTHERSのおせんべい」皆さんも是非ご賞味下さいね。



この記事を書いたユーザー

個人事業主主婦 このユーザーの他の記事を見る

私生活では、3歳の男の子を育てるママ。

「会社員」というキャリアを捨て、個人事業主となって約1年。
この1年様々な人との出会いを通じ、「働き方」について色々と「学び」を得てきました。

「会社員じゃなくたって、人生楽しい」

「稼ぎ方」「働き方」ってたくさんあるし、
それを「知っているか、知らないか」、「実行するか、しないか」。

特に、結婚や出産・育児とライフステージの変化が多岐に渡る「女性」に焦点をあて、様々な情報を発信していけたらと思っています。


得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス