金スマで紹介されました。
筆者はお父様の覚悟にとても感慨を受けました

抗がん剤は髪もまつ毛も抜けて患者さんにはそれだけですごいストレスだと思います。
事実・・私の姑もこの事がショックで治療を断念しました。

今の時代ですので告知はしていました。
・・・・が・・・・
告知をするにも本当に勇気が必要でした。

告知しない事が常識だった時代の娘の闘病。
告知するもの想像を絶する勇気です。

しかもお孫さんにあたる『娘さんの子供たち』にも告知したそうです。
その事はお父様は古舘さんには語らず・・
後にお孫さん達から教えられたそうです。

もしお父様が告知しなかったら・・・
その日を迎えてお姉さまも子供たちも心の準備を出来ないままだったでしょう。

子供が自分より先に逝く

子供を持つ親なら想像するのも恐ろしい出来事です。
その出来事に果敢として立ち向かったように感じました。

そして番組内でお姉さまが亡くなった時のお仕事でお姉さまへの想いをやっと言葉に乗せた古舘さん

『姉弟愛は永遠です』

それはアイルトンセナのF1のレースでの出来事でした。


お姉さま亡き後・・親しくしていた逸見政孝さんが亡くなった翌年の春にセナも事故でこの世を去りました。

番組では語られませんでしたが言葉を出させてくれたセナの死も古舘さんはとても深い悲しみだったと思います。

若かりし頃・・
古舘さんの喋りは実は苦手でした^^;

でもここに出てきた逸見さん・セナは大好きでした。

そして古舘さんのお父様には本当に尊敬の念を覚えました

この記事を書いたユーザー

奈津美 このユーザーの他の記事を見る

波乱万丈と人から言われる幼少期・10代・20代前半を過ごしてきました。
おかげで前向きに小さな事に感動できる性格になりました。
人生中盤の今は友人にも恵まれて日々頑張ってます(^_-)-☆

得意ジャンル
  • 話題
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス