洗濯物をたたむついでに

洗濯物をたたむついでに、お洋服やアイテムの傷み具合をチェックします。
場所を3つ用意します。まず、全ての洗濯物をかけておく場所を作ります。
そして、時間がある時に傷み具合をチェックし、擦りきれていたら処分するか、小さく切って雑巾にするかします。
変色していたり、落ちないシミがあった場合は、クリーニングに出します。これが2ヶ所目の待機の場所です。
特に問題がない場合でアイロンがけが必要なアイテムは、アイロンがけのコーナーにまとめておきます。これが三ヶ所目の待機の場所です。

そして、アイロンがけが済み、シミも毛玉もない万全の状態の服を仕舞います。

週に1日でもOK

この作業は週に1日でもOKです。
一辺に捨てるアイテムを探そうと思うと、心も体力も負担になりますが、1週間に1回、ファッションアイテムを手に取りじっくり見つめれば、自分に必要かどうか分かりやすいと思います。

捨てるということ

モノを捨てることを軽んじる風潮を見直し、モノに愛着をもち、アイテムも自分自身も輝けたら素敵ですね☆

この記事を書いたユーザー

こやぎ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス