そもそもPTAとは何なのか?

親が先生と協力する。
運動会等の行事の手伝いをするのがメインの仕事。
頻繁に学校や園に行く。

こんなイメージがPTA!と言う方も多いと思います。
実際にPTAの活動は学校に行くことも多いです。

これは小学校・中学校に限らず、幼稚園や保育園の役員(クラス幹事)等も同じです。
言い方が違うだけだと解釈するのが一番分かりやすいでしょう。

PTAは「Parent(保護者) Teacher(教師) Association(団体)」の略なのですが、
保護者と先生から成り立つ団体と意味しています。

PTAは任意加入

広く知れ渡っている事実なのですが、「PTAは任意加入」と言うのは皆さんご存知ですよね,しかし実際は任意とは名ばかりの強制加入状態であり、一部の地域では訴訟問題にまで発展しています。PTA会費の問題も含めて強制ではないと言いながらも、結果は強制と同じだと言う意見が大半です。

子供が孤立したら・・・ 自分の立場が悪くなるかも・・・ そんな思いで嫌々加入する人も居るのが現実です。

やりたい人がやればいい→NGワード

私はできないから断っているのに、やりたい人がやればいいじゃない!!

PTA活動も、やりたい人がやればいい、この言い方はちょっとマイナスイメージ。
言い換えて「できる人がやってほしい」と言う表現に変えるほうが好ましいですね。

PTA活動は負担が大きいと言う意見が大変多いのが特徴の一つです。

シングルマザー・乳幼児を抱えているママ、
介護中のママ、病気療養中のママ、など 
「ただ単に嫌で断っているわけではなく、生活に支障が出るから断っている。」ママも居ます。

しかし、一部の地域では「皆色々な問題を抱えているので、特別扱いはできません。」と一向に改善されない地域もあるようです。

やりたい人がやればいいと言うと、ちょっと誤解も生じやすいですが、
「やれる人、出来る人がやってくれた助かる」と言う表現に変えれば ちょっと受け取り方も変わりますよね。

人前でPTA役員や当番を断りたい時、出来ない人&やりたくない人は 
「やれる環境の人がやってくださると私は助かるのですが。」と発言すれば角は立たないと思います。

加入するだけでも良いのでは?

PTAの加入に関しては会費だけ納めて、あとはできる人でやってください、私は無理なんです。とハッキリお断りするのも【あり】だと筆者は思います。

しかし、「そんなのはダメだよ、みんな平等にやらなきゃだめだよ。」と言う意見の人も居ると思います。


今現在、仕事をしているママの数はとても多く フルタイムで仕事をしているママも増えています。女性が外に出て仕事をするのが当たり前になっている現在、専業主婦には時間があると言う理由でPTA役員を引き受けているママも居ます。

加入して会費を払うだけのママでも、協力できることはやっていると思います。
専業主婦でもPTA活動をしたくない人はやらなくても良いと思うし、専業主婦と言う理由で選出されたなら断る権利もありますから断っても問題ないと思います。

仕事してPTA活動したい人も居ると思うし。人それぞれだと思うのです。

だから、自分ができる範囲の事をやればいいと思うのです。

「それだと行事の時に人数が足りません。」と言うのであれば、
シルバーのボランティアなど、手伝ってくれる人を確保すればいいだけだと思うのです。

マイナス部分を埋める努力が欲しい

一番大事なのは、活動をしたくない人や出来ない人に強制をしない事。
人が不足して困るならばヘルプを外部から入れればいいだけ。
地域の年配の方など、手伝ってくれる人はいるし、大きなイベント行事であれば中学生や高校生にボランティアをしてもらえばいい。
やりたくない人や出来ない人に無理を言うからもめるんだと思います。

お金に関しても、払いたくないと言う人には PTA会費の内訳をちゃんと理解してもらうことが大事。
もし、明確に説明できないなら、それはPTA側のお金の使い方が問題。

最終的に大事なのは子供への還元

PTA活動を通して子供に何が還元できるのか?
PTA会費は何にどう使われているのか?
ちゃんと理解して、文句を言いましょう。
その上で、おかしいと思う点は指摘すべきです。

人から聞いた話など信憑性のない話でPTAを批判するのはおかしい。
ちゃんと見て、納得できない部分が有ったら指摘するのが筋だと思います。

最終的に、子供に還元されているのか?そこが大事だと思うので 特にお金に関しては使途が曖昧など明朗でない物はあってはならないと思います。

PTA加入して体験するのも勉強

PTAに加入して色々なことを勉強するのもおススメです。
仕事など色々な都合で出来ないと言う人も居ますが、子供のPTA活動ができるのは長く見ても十数年です。
子供が大きくなればなるほど、親が学校に行く事は無くなってきます。
しかし、PTA活動をしていれば親は当たり前に学校に顔を出しますので、学校の雰囲気や先生の状況なども把握できます。

PTA加入のメリットは 普段見えないところを見ることができる事だと思いますので、デメリットばかりに気を取られずにちょっと良い面も見て欲しいですね。

入学後に確認してみましょう。

PTAに関しては、入学後に先生に確認してみましょう。
任意加入なら加入しなくても大丈夫なのか?
PTA会費を払うとしても内訳を先に知りたい、昨年の資料を見て考えたい。
など、自分が言い出しやすい切り口で聞いてみるのも良いでしょう。
頭ごなしに 「加入しません!」と言ってしまうよりは、ちょっと知りたい、ちょっと教えてほしいと言うスタンスで相談すれば、加入拒否をした時でも「ちゃんと理由があって加入拒否している。」というアピールになります。

順を追って対応されることをお勧めします。

しかし、そうは言っても地域によっては加入しないと言っただけで大騒ぎになる地域もありますので、あまり大騒ぎにならないように行動したいですね。

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス