捨てるモノ探しはやめましょう❗

こんにちは(о^∇^о)
今、片付けといえば、捨てるものをわざわざ探してモノを減らしています。それはお金💴を捨ててるのと同じです。

筆者はこの靴がお気に入りで、出掛ける時は毎回履いていました。
しかし、履きすぎて臭いました。中敷きが汚すぎて脱ぐとぎょっとされました。
そうなったら捨てる段階です。
「今日は捨てるモノを探してスッキリしよう!」というのは、お金💴を捨ててるのと同じです。
まだ使えるのに捨てるなら、フリマで二束三文で売ればエコになります。儲けようと思ったらフリマでもリサイクル♻ショップでも納得いく価格では売れません。
ゴミを減らす事はエコです。再利用出来る方法を探してそれがないならゴミです。

もう、捨てるモノを探す片付けはやめましょう。

捨てても良い基準3点

1、臭う(靴などにありがちです。帽子もあります。)モノには、人間が着けた臭いと、消費期限切れの臭いとあります。どちらも気付いたら捨てましょう。コスメの瓶の底に購入年月日を記入すると良いですね。

2、流行遅れ。今年は裾がリブ編みのセーターは発売されてません。リブ編みでも絞ってないリブ編みはOKです。何年も着て傷んでいる裾がリブ編みのセーターはリサイクル♻しても捨てても良いと思います。

3、下着。下着は1年に1回、総取り替えをします。スリップなどは長持ちしますが、パンツやババシャツは最低年1回の総取り替えが必要です。

私が、捨てるモノを探してまでして捨てるべき物は以上3アイテムだと思います。

処分の方法

処分の方法は、捨てる以外に沢山あります。使い捨て雑巾にする。方法は、小さく切ってしまっておき、靴磨きに使ったり、跳ねた油取りに使ったりします。

行政で集めてるエコ資源に協力する。私の地域では「洋服ポスト」というのがあります。流行遅れだけど綺麗な状態のアイテム。サイズがあわなくなった子供服(大人物も)寄付をすると良いと思います。リサイクル♻ショップに売りに行って新品を含む靴が3足で100円でした。1足二万円で購入し、購入から2年以内の靴がです。行政では洋服や小物を集めてバザーをし、福祉活動の役に立ててます。気持ちよく自分の持ち物を処分出来る方法は、売る、寄付、捨てるの三種類あります。

また、私の住む区では、まだ使える家具を無料で引き取ってくれます。東京都内には行政が家具の寄付を募り、年1回抽選で家具をあげる区もあります。区役所に問い合わせてみると良いでしょう。

フリマは場所代がかかりますが、新宿区では月に二回、出店無料のフリマを開催しています。1日居て1,000円にもなりませんが、リサイクル♻ショップの買取り価格よりは遥かに高く売れます。場所代無料のフリマは魅力的です。

とても人様が使えないものは捨てます。

以上3点です。

まとめ

捨てるモノを探すのは時間もかかるしストレスになります。ブックオフもリサイクル♻ショップも1点から買取りしてくれます。ブックオフは機械が査定するので、どこのブックオフに行っても誰が査定しても同じ買取り価格ですが、リサイクル♻ショップはバイヤーにより多少ばらつきがあったり、プレゼントだと買取り価格が安かったりします。また、福袋の物の買取りは安いです。それは、余計なものを買わなきゃ良かったという悔しさに繋がります。どんな安いものでも捨てる事には重たい感情がつきまといます。でも、生きているんだから、不要品はちょくちょくでます。わざわざ探して捨てる事はありません。捨てようと思ったものを集めて定期的にフリマをしたり寄付したりする事をおすすめします。間違っても「今日はごみ探しの日」を作らないようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

こやぎ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら