まれに見る好ゲームを続けている今年のプロ野球日本シリーズ。
第5戦まで戦い、北海道日本ハムファイターズが3勝、広島東洋カープが2勝となっています。

厳しい戦いを演じている選手達ですが、ひとつの傾向が見受けられます。ほとんどの選手が移籍選手ではなく、ドラフト組だということです。
つまり両球団とも、スカウトの確かな目を持ってドラフトで指名し、着実に選手を育てているのです。

そこで、第5戦に先発した選手について詳しく見ていきましょう。
まずは北海道日本ハムファイターズからです。

先発出場選手の9人のうち、7人がドラフト組!

1番 岡大海(中堅手)…倉敷商高校→明治大学→2013年のドラフトで3位指名
2番 西川遥輝(左翼手)…智辯和歌山高校→2010年のドラフトで2位指名
3番 大谷翔平(DH)…花巻東高校→2012年のドラフトで1位で指名
4番 中田翔(一塁手)…大阪桐蔭高校→2007年のドラフトで1位指名
5番 レアード(三塁手)
6番 近藤健介(右翼手)…横浜高校→2011年のドラフトで4位指名
7番 田中賢介(二塁手)…東福岡高校→1999年のドラフトで2位指名
8番 市川友也(捕手)…読売巨人軍に2009年のドラフト4で位指名→2014年シーズンから日本ハムに在籍
9番 中島卓也(遊撃手)…福岡工業高校→2008年のドラフト5位で指名

キャッチャーの市川選手は移籍組ですが、今年の正捕手は大野奨太選手です。第5戦は戦術的な意図で市川選手が先発しました。
ちなみに大野選手は、岐阜総合学園高校→東洋大学→2008年のドラフト1位で指名
という経緯です。

では、次は広島東洋カープです。

先発出場選手9人のうち、8人がドラフト組!

1番 田中広輔(遊撃手)…東海大相模高→東海大→JR東日本→2013年のドラフトで3位指名
2番 菊池涼介(二塁手)…武蔵工大第2高校→中京学院大→2011年のドラフトで2位指名
3番 丸佳浩(中堅手)…千葉経済大学附属高校→2007年の高校生ドラフトで3位指名
4番 エルドレッド(一塁手)
5番 鈴木誠也(右翼手)…二松學舎大附属高校→2012年のドラフトで2位指名
6番 新井貴浩(DH)…広島工業高校→駒沢大学→1998年のドラフトで6位指名
7番 小窪哲也(三塁手)…PL学園→青山学院大学→2007年のドラフトで3位指名
8番 下水流昂(左翼手)…横浜高校→青山学院大学→Honda→2012年のドラフトで4位指名
9番 石原慶幸(捕手)…岐阜商業高校→東北福祉大学→2001年のドラフトで4位指名

こちらは外国人のエルドレッド選手を除いて、全選手がドラフト組です。
ここまで揃っていると気持ちがいいですね。

ちなみに先発投手も、
第1戦 大谷翔平(上記参照)
    クリス・ジョンソン
第2戦 増井浩俊…静岡高校→駒沢大学→東芝→2009年のドラフトで5位指名
    野村祐輔…広陵高校→明治大学→2011年のドラフトで1位指名
第3戦 有原航平…広陵高校→早稲田大学→2014年のドラフトで1位指名
    黒田博樹…上宮高校→専修大学→1996年のドラフトで2位逆指名(海外移籍あり)
第4戦 高梨裕稔…士気高校→山梨学院大学→2013年のドラフトで4位指名
    岡田明丈…大商大高校→大商大→2015年のドラフトで1位指名
第5戦 加藤貴之…拓大紅陵高校→かずさマジック→2015年のドラフトで2位指名
    クリス・ジョンソン

となっており、ジョンソン投手以外はすべてドラフト組です。

今年の日本シリーズはまさに育成型球団同士の対決。この両球団が日本シリーズに進んでいるということで、選手育成の大切さがよく分かりますよね。今後のプロ野球を占うようなそんな対決になっているのです。

この記事を書いたユーザー

akiku このユーザーの他の記事を見る

名言をこよなく愛する名言ウォッチャーです。
テレビの中の名言をたくさん紹介します。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら