こんなメールを頂きました。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
(前略)

ずうずうしいお願いで大変恐縮なのですが、「小学校入学前にやっとく事って?」の中学生版、高校生版を記事としてお願いできないでしょうか。
私、保育園時代に小学生の教師をしているという保護者の方が保護者会の席で言った「ひらがなは読めなくていい、むしろへんなクセがつくから事前に教えない方が助かるわ」という言葉を信じ、教えなくて子供をひどい目にあわせてしまいました。
(もっと早くこのプログに出会えていたらよかったのに・・・)
もちろん自分でも情報収集していきますが、無責任な事をいう方もいるので・・・
もし良かったらお願いします。
☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

まずですね

『ひらがなは読めなくていい、
 むしろへんなクセがつくから事前に教えない方が助かるわ』

と言う文章をよく読んで頂ければ解りますが

『へんなクセがつく』から困るので有って変なクセじゃなきゃOKなんですよ。

って事は

親自身が現在学校ではどんな風に教えているのか

何から順番に教えているのかを知っておかなければならず

親自身もその流れに沿った教え方を学習する必要が有る訳です。


例えばですね

全くの『0(ゼロ)』から学習したとします。

字は当然読めないし書けないので

連絡帳を書く事も自分の名前すら書く事も読む事も出来ない訳です。


んでね

ソコがその子のスタートになる訳です。


けれども小学校入学までに字が書けて読める子は

『理解をする』ところからスタート出来ます。


先生が黒板に字を書いてもそれこそ全部読んで理解出来ますし

理解した上で内容を把握する事が出来ます。


本読みをしたとして字を読むのがやっとと言う子は

単に字を一字一字読むだけで『文章』として理解するのには時間が掛かります。

例えば本読みの宿題が有った場合読み終われば宿題が終了で

『ハイ終わりね』で済まさず

『どんな内容だったか』と言うのを聞いてみて下さい。


どれほど『文章』を理解して読んでいるかが解ります。


高学年や中学生になって

『ウチの子文章題が苦手で…』と言うのは

長文を理解しながら読む

『読解力』

が無いからです。



この読解力ですが、国語だけでなく全教科に通じる事ですし

プリントやお知らせ等を自分で読んで理解すると言う事にもなります。


高学年になっても学校からのプリントを全く目を通す事無く

『ハイ!お母さん!!』と渡したら終わりで

遠足のしおりであろうと修学旅行の手紙であろうと

なんせ親が読んで自分に教えてくれればイイとしか思っていない子供は多い。

でね

『中学生になる前に』

ですが

小学校の6年間は当然親の認識として

1年生と6年生は全く違うレベルで有り

ましてや6年生は

『来年中学』

と言う認識で居なくてはならない学年にも関わらず

5年生も6年生も単に高学年と呼ばれているだけで

全く自覚が1年生と変わらない子供は激増している。


要するに

『もう5年生でしょ!?』

だの

『もう6年生なのに!
 来年中学でしょ!!

と言うだけで

その相応した生活力を親が子供に身に付けさせていないと言う訳だ。



子供が成長すれば勝手に覚えてくれるとでも思っているのか

はたまた

それも学校で教えてくれるとでも思っているのかだ。



ハッキリ言わせて貰えば

日本の学校制度はキッチリとその年齢で学年が上がって行く訳で

突然6年生やや中3になる訳じゃ無いんで

来るべき時として来る訳なんで

その年齢や学年になっているのに『出来ない』と言うのは

学校と言う

『個性を思いっきり優先してくれる場』

だからこそ通る事であって

そんな物世間では通らない。


けれども

学校で通る物は世間でも通ると思っているのがバカ親なんで

世間で通らない現実を目の当たりにした時

反省するどころか

『受け入れてくれない世間が悪い!!!』

と言い出す訳だ。



そんな事を言ったって受け入れて貰えない時点で何とかする様に

次の手立てを考えるべきなのに

文句を言うだけで改善策が浮かばないんだから

世間のレールからはどんどん外れて行く一方なのだ。


そんな親に育てられたらとんでもない訳で

バカ親が子供の将来に

どれほどの迷惑を植えつけるのかが解る。

でね、ぶっちゃけ言わせて頂くと

小学校を6年間も通っていて来年中学と言う時点で慌てても遅いのよね。


子供は成長と共にどんどんと自我が出て来る訳なんで

やらなくてイイ事や

出来なくてもイイと言われて来た事を

突然出来なきゃダメ!!って言われてもそりゃ無理ですって。


いわゆる中学や高校入学前にしておく事と言うのは

小学校の6年間と子育て12年間が

如何に子供にプラスになっていたかなんで

中学生になるからって突然やらせようとしても

それは子供にとっては苦痛でしか無く

邪魔臭い事で有り余計な事までさせられると言う訳で

『意味が解らん!!』

になる訳だ。

でね

そんな事を全て横に置いといて中学前にやっておく事と言えば

物事に対してなにをどう準備し

なにを調べ誰に聞けばイイのか

判断出来る力が欲しいと思います。


中学はまだ高校と比べ

先生からのサポートが大きいので

まず自分で行動して自分で学習し

自分で何をやるのかを考え

先生からのアドバイスやサポートを吸収し

やり遂げる事が必要になります。



小学校では先生と親とが協力して

何となく過ごしててもOKと言う面が多いのですが

中学校は先生と親が協力するのは当然ですが

実際に活用して行くのは本人の力によります。



よく中3の夏休み前後に

『学校は何もしてくれない!!
 ウチの子はほったらかしにされてる!!』



希望の進学先の高校へは無理だと言われたり

希望の進学先どころか高校すら無理だと言われて

キレてる親御さんを見ましたが

学校が何もしてくれないんじゃなくて

今まで親のアンタが何にもしてなかったから

学校からしたら手の打ち様が無いんだろーが!と思いました。


ただ単にメシ食わせて学校に行かせたら

それで親の務めは十分だと思っていて

後の全ては勉強にしろ生活にしろ

それこそ全部が

学校か本人が何とかしてくれるとでも思っていたからだろう。

将来無人島で自給自足で暮らして行くならイザ知らず

社会の中で生きて行く為には

『ウチの可愛いボクちゃん』も

単に世間ではアホボンなだけなんで

マジな話し困るのは学校でもないし先生でもなく

子供本人なのだ。


んで

そんな子供にいつまでもスネをかじられりゃあ

困るのは親なのである。


学校のせいにしたり世間のせいにしてれば

そりゃあ自分は悪くないと思えるだろうが

そんなの現実から目を背けてるだけで

実情は変わらない。

泣くのは自分と我が子なのだ。

ですんで

中学入学前にはプリントや資料が自分で整理出来る様になっておかないと大変ですし

他人任せじゃなく自分で管理が出来る様になっておかないと

入学してからの波に乗るのは大変です。



提出物にしても

出せばイイって言うのが小学校ですが

『期日までに提出しなければ受け付けない!』
『期日を過ぎれば徐々に減点して行く!』

と言う宿題が中学では出て来る。


小学校の様に担任が一人なら

終わりの会で宿題や提出物を一覧として黒板に書いてくれるから

それを連絡帳に写して帰れば良かったものが

各教科担任の言った事を

自分で覚えておかなければ管理出来なくなる訳だ。



提出物が出てなかったら

いくらテストで100点でも評価は下がる訳で

『ウチの子はいつもテストがイイ点で~』

と安心していたら

成績表を見てビックリ!と言う事も有る訳だ。

で、次は高校ですけど

高校は小中学校と違って義務教育じゃ無いですから

ぶっちゃけ言わせて頂きますが

『勉強したい奴しか相手にしない』

って言うスタンスです。


これまた高校にもバカ親って居ましてね

『高校って子供が学校に行ってなくても
 電話をしてくれないんですね!!!』

ってキレてた親が居ましてね。


『中学の時は子供が学校に来てなかったら
 直ぐに電話が有ったのに!!
 高校は子供が来てなくても無視なんですね!!』

って更にキレてましてね。



『ええ、
 だって高校ですもん。
 義務教育やないですもん。
 学校がする事と親がする事は
 別だって言うスタンスが高校ですもん。』

って言うと

バカ親は目を丸くしてビックリしてた。


認識が薄い親って悲惨だし、子供が気の毒~。




『PTAの友達に聞いてビックリしました!
 ○○の資格試験、受け付け終わったんですってね!
 なんで手紙の1枚でも貰えないんですか!?』

とか

『ウチの子に手紙なんて渡しても、親には渡しません!!
 大事なお知らせは、封書で自宅に送ってくれませんか!?』

とか

『ウチの子は先生に嫌われてるんか知らんけど
 ホンマにほったらかされてます!!
 ○○君や△△さんなんか、補習を受けてたって聞くやないですか!!
 ウチの子に聞いたら知らんって言いましたよ!!』

とか言う親はイッパイで

『テストの申し込みに関しては本人にちゃんと話してます。
 何度も締め切りは○日やぞ!って言うてます。
 補習の事は授業中にちゃんと全員に言ってます。
 □□君だけに言ってないって事はありません!
 更に帰りがけにも、今日は補習やから残るようにって
 みんなに声はかけてます!』

と先生が言うと

それでも納得せずに

『ウチの子集中力が無いんで
 先生の話を中途半端に聞いてるんやと思うんで
 個別に声をかけて貰えません?』

と図々しい事を言い出す訳だ。

ココまで読んで頂けたら解るでしょうが

小学校入学前は40分授業を

ジッと座って先生の話が聞ける様にするのと

授業がスムーズに吸収出来る様に

如何に頭の中にスポンジを大きく作ってあげているかと

授業が理解出来易い様に

字が読み書き出来る様にしておく事です。


要するに

『学校生活を送るに当たっての準備期間』

幼稚園や保育園と言う事です。



それを教えてくれるカリキュラムが

組み込まれていない幼稚園や保育園に通わせているなら

当然ご自宅で教える必要はあります。

好き嫌いを無くす事も含めてです。


当然親自身が

『ヘタな事を教える』って事が無い様に

情報収集も大事です。

んで

6年間掛けて中学校入学準備をする訳で

決められた事は守り自分で考えて自分で行動し

自分で結果を出す力量が求められるので

それに対応出来る様に小学校で準備して頂ければと思います。


6年間も有るんですから。


んで

高校では自己管理が出来

自分の目標の為に何をしなければならないのか

なにが必要なのか

それを手にする為には何から用意するべきか

それを把握して自分から学校や先生を利用・活用して行く学習が求められます。



高校は社会へ飛び立つ準備期間と言うべきでしょうか。


大学や専門学校に行くにしても

高校とは更に違って完全に自分のやる気だけで授業は進みます。


当然学校をサボった所で大学は連絡なんてしませんし

保護者懇談会なんて物も有りません。



就職するにしても

『指示待ち』では無く

積極的に作業や流れを学習する必要が有る上に

当然お給料を頂く訳ですから

それ相応の責任感と自覚が必要となって来ます。


当然結果が求められる訳で

小中学生の様に

頑張ればイイなんて事では済みません。

私の教育論は

子育てとは

子供が社会に羽ばたく時

自分の力で立ち

自分で切り開いて行く事が出来る様に

20年前後掛けて

人を育てる大きな仕事だと思っています。



ですから

今だけが良かったらイイとか

先の事は考えられないとか

考えてたらしんどいだとか

そんな事をおっしゃる親御さんは

どーぞご自由になさって下さればイイと思っています。



将来を『生き残りゲーム』や『席取りゲーム』に例えるなら

我が子には生き残って貰いたいし

席に座って貰いたい訳で

生き残る為にはどうするべきか

席に座る為にはどうするべきかを

今まで全然考えて来なかった方達は

どうぞご勝手にと思ってる。



いくら高校無償化になったって

受験に合格しないとは入れない訳で

就職戦争も勝ち抜かないと

無職になる訳だ。

なんだかんだと綺麗事を並べても

篩(ふる)いに掛けられる社会なんで

出来なくてもイイんだよ

解らなくてもイイんだよで育った子供を

どこも誰も相手にしてくれない社会だって事は

みんな解っているはずなのに

コッチの水はア~マイぞ~と言われれば

楽な方に流れてしまう。



その時点で

親の出来が解るんじゃないかと思います。



子育てなんて

3人4人居たとしても

たかが30年弱で終わるんですよ。


子育て期間よりも

子育てが終わってからの人生の方がもっと長い訳です。



私の場合

長男次男合わせての子育て期間は

次男高校卒業時点で

23年間と言う事になりますが

その23年間頑張ったお陰で

今気楽に出来るんだと思っています。



長男は自立してくれてるし

次男は自分でやってるんで

今夜は晩御飯を食うのかどうするのかってだけだし

これから残された人生の方が長いんで

そっちの充実の方がよっぽど意義が有る。



むしろ

50や60や70になっても

子供の尻拭いをするなんて真っ平ゴメンだよね。



子供をシッカリと育て上げるのは

結局自分の幸せにつながるって事なのだ。



最後に笑うのは私だ!!で

みんな頑張ってね。


この記事を書いたユーザー

かづ このユーザーの他の記事を見る

言いたい放題の毒舌主婦。
ブログは好き嫌いがハッキリと別れる系。
好きな人にとってはアドバイザーで救世主だが、嫌いな人にとってはクレーマーでトラブルメーカー。
11歳年上の手の掛かる旦那と4匹の猫+生真面目な社会人息子と暮す。
日常のあらゆる事に物言う日々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス