こんなご相談を頂きました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
いきなりのお手紙、すみません。以前からダンナと一緒にずっと読んでました29歳の2児の母です。
5歳3歳の娘がいるのですがダンナ曰く

『小学生になるまでにひらがな、カタカナ、数字の読み書きは最低限できる様に』

との、記事が昔書かれてあったと、昨日言いました。
(すみません、イツのものか忘れてしまって・・・)

以前、「エチカの力」で放送された横峯さくらさんの伯父さんが経営されているとこで、スーパー園児を育てる幼稚園として取り上げられていました。
(3歳で自習が出来たり、4歳で絶対音感があったり、跳び箱10段出来たり・・・)
ソレを見たら自分の子育ては子供にいけなかったのかな?と、思いまして。
話が飛んですみません。
確かに出来る事にこしたことはないと思うんです。
今、英語教材(5歳児用)をしているんですが上の子はナカナカ覚えない子みたいで、ついていくのがやっとの様です。

逆に下の子はすらすらと出来、ひらがな数字の読み書きは上の子と同じぐらいします。
何が言いたいのか上手く伝わらなくてすみません。

小学校に入る前の上の子にもっと重点を置くべきなのか、下の子をもっと伸ばしてあげるべきなのか・・・
自宅から近隣の小学校は4校あり、今通っている保育園のお友達は Y小学校 に行きます。
上の子には1番近い S小学校 に、と思っていたら「知人がいないからイヤだな・・・」と。そのせいか機嫌の波もあります。
小学校に入る前って何をしたらいいんでしょうか???
仕事(常勤)と両立が出来てないからコンナに悩むのでしょうか??
長々と、スミマセン!アドバイス 渇、等々いただけたら嬉しいです。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

では率直に申し上げましょう。

出来ないよりは、そりゃ出来た方がイイに決まってる!

これに尽きます!!

例えば貴女が来年小学校に上がる立場だと考えた場合、

読み書きが出来なくても平気ですか?


お子様にしてみればまだ幼い為、入学してからどれほど大変な目に遭うか解らないのでそれほど危機感は無いでしょうが、実際に自分が何も出来ない状況で入学すると考えれば、それがどれほど今後大変な目に遭うか、どれほど情けない思いをするかお解りになるのではないかと思います。

入学前に学校関係者に相談すると、

『ある程度は必要ですが、そんなに頑張ってされなくてもイイですよ。
 入学してから頑張られても、大丈夫だと思います。』

と言ってくれますが、

『出来ないと困りますよ~。
 入学した時点で、出来る子出来ない子って感じになっちゃいますし、
 まず出来ないと教科書が読めない訳ですしね。
 読める様になっている状況での学習と、
 全くゼロからのスタートでは全く違いますからね。』

な~んて事は言いませんから。


それに、

そもそもそんな相談をなさる親御さんのお子様は、
現時点で『出来ていない子』である訳ですから、『出来る様にしてくださいね』と言ったところで『無理だろうな・・・』とも思える訳です。

『出来る様にしてくださいね』なんて言った事が原因で、虐待に近いほどの教育ママゴンになられても困りますし、育児ノイローゼになられても困ります。

『小学校から出来る様にしといてくれって言われたんですけど!!!
 それってどうなんですか!!!!』

なんて、教育委員会に告げ口なんてされたらかなわん訳です。

でね、

『ウチの子も小学校に上がる前には何にも出来なかったわよ~。
 大丈夫だって~♪』

なんて言う先輩ママさんも居る訳ですが、
ぶっちゃけハッキリ言いますと、そんな方の場合、

・出来はそこそこでも、元気で楽しく学校に行ってくれたらならOK

・出来は置いといて、毎日楽しそうに学校に行ってたらOK

・世間に出て苦労するのは本人なんだからと、成績は問題視していない

・そんな事自体気にして育てていない

・なんと学校に入ってから急に出来る様になった


の、どれかです。

最後の、学校に入ってから出来る様になったなんて話は、

まぁ、滅多に聞きませんが・・・でも、居る事は居ますけどね。


そんでね

入学前に何もさせてなく、読み書きが出来なかったから物凄く親子して困ったのよー!!!

なんて話は、

これも滅多に聞きません。

なぜなら、我が子の恥になるし、親である自分の手抜きにもなるからです。


ブログのどこかに書きましたが、ウチの長男の場合は物凄く困りました。

入学前に読み書きが出来る様にしようとしていたにも関わらず、

姑が

『こんなもん教えて、
 学校で「ボク出来るから勉強せんでエエもん!」ってなったらどないするん!
 勉強なんかはその時期が来たら自然とする様になるし出来る様になる!
 要らん事教えんといて!!!』

と言った為、長男は入学時に読み書きが出来ませんでした。
当然連絡帳ですら書けない訳です。


黒板に何が書かれてあっても読めないし、それこそ教科書を

『ハ~イ、○○ページを開けてくださ~い』なんて言われても、数字が解らないんだから何も出来ずに周りをキョロキョロするしかない訳です。
○○ページを開けるんじゃなく、同じ絵柄のページを開けると言う状態。

そりゃ学校ではひらがなやカタカナや数字は教えてくれますよ。
けれども、延々と解るまで教えてくれる訳ではないんです。
カリキュラムがありますからね。

クラスのほとんどが読み書き出来ない子ばっかりだと言うのであれば、それはそれは時間を取って教えてくれるでしょうが、そうでなかった場合、

『後はおウチで頑張りましょうね』
『少しでいいので、ご自宅で見て上げて頂けないでしょうか』

な~んて事になる訳です。


そ・れ・が

『入学してからが大変よ!!』

って事なんです。

でね、

入学する前にしてなかったご家庭が、子供が入学した途端に親子が協力して自宅学習が出来るご家庭に突然なるなんて事は難しい訳で、オマケに学校は宿題も有れば色んな教科も行事も有る訳で、そんなこんなもぜーーーんぶひっくるめて『入学してからが大変よ!!』と言っている訳です。

例えば例えば、私たち主婦ですが、結婚する時に煮炊きも裁縫も掃除洗濯もな~んにも出来なかったとしても、そこそこ徐々に出来る様になればイイ訳ですよね。

けれどもけれども、2年生や3年生でやっと読み書きが完璧になったって遅い訳です。
2年生では2年生の学習が有る訳ですし、3年生には3年生の学習が有る訳です。

要するに、学校では常に落ちこぼれで遅れていると言う事になります。


1年生の学習が1年生の内に出来ていないと、2年生での掛け算は無理です。
2年生で九九が出来ていないと、割り算も少数も分数も無理です。

『学年ごとの積み重ねが出来ている』と言う事を前提として新学年での授業が有るのですから、前学年の復習が最初にサラッとされれば、出来ない子に重点をあてての授業はしません。


それこそ

『前学年の学習が不十分の様ですので、学校でも指導をしますが、
 ご自宅でも前学年のドリルなどを利用して復習させて頂けると助かります』

なんて事が連絡帳に書かれて帰って来る事になる訳です。

ここでもまた、『入学してからが大変よ!!』と言う意味が解って頂けると思います。

で、
ここでだいたいのご家庭が塾に子供を行かせる事になる訳ですが、塾の利用意図を

『遅れを取り戻せる様に』
『何とか付いて行ける様に』
『学校での勉強がスムーズに出来、より一層ワンランクUP出来る様に』

と分かれる訳ですが、

結局

『遅れを取り戻せる様に』
『何とか付いて行ける様に』

以上の状況でのお子さんを塾に行かせている場合、元々家庭学習が出来ていない者を塾に丸投げしているだけなので、

『あの塾!お金取るばっかりで全然成績が上がらない!』

になるハメになります。


塾に行かせたとしても、やはりソコは自宅学習が如何に出来るご家庭かと言う事になるって事です。


ぶっちゃけ幼児が当然寝ていなければならない時間にも関わらず、遅くに帰って来たご主人が大きな音でテレビを見るから子供がなかなか寝ないとか、子供の成長や発達に対して対応出来る環境が持てないご家庭と言うのは実在する訳で、


幼稚園に入れば何とか・・・

学校に行けば何とか・・・

塾に入れれば何とか・・・

なんて丸投げ感覚のご家庭は、結局何が悪いのか?

家庭が原因なんだって事に目を背けているだけになる訳です。

可愛い子供には旅をさせろと言いますが、何も出来ないままで学校や幼稚園に行かせると言う事は、無一文で着の身着のままで、何一つ持たず手ぶらで旅に出ろと家を追い出す様なもんなんです。

旅に出るにしても、何を用意すればイイのか、どんな心持で居なければいけないのか、あらかじめ予備知識として持っていなければならない物はどんな事が有るのか、そうした上での旅立ちで有るべきなんで、日頃我が子が可愛いと言っておきながら、幼稚園に行ったらなんとかなるだろうとか、学校に行ったらなんとかなるだろうとかなんて、ハッキリ言って、自分の手抜きの言い訳です。

確かに、子供自身がみずから体験して学習する事は大事ですが、体験した事がスムーズに吸収出来る様に、あらかじめ子供の頭の中にスポンジを作ってあげていなければならない訳です。

何も無いフローリングの上に水を流しても、吸収などしませんよね?

頭の中のスポンジが、どれほどの大きさなのかが大事だと私は思うのです。

出来ないお子さんをお持ちの方でも、それはそれは一生懸命努力をされて、子供が努力をするのは当然ですが、親御さんも協力して成績UPをされている方はたくさんいらっしゃいます。

ですからそれこそ

『ウチは入学してから頑張らせるわ!!
 当然親も頑張るわ!!!』

と言う考えの方もいらっしゃいますんで、そんな方はどうぞ頑張ってくださいとしか言えませんけど、マジで大変でっせ!!!と思いますがどうなんでしょう?


同じ頑張るなら、最初の時点でスタートラインを一緒にしてあげられる様に、また、入学後はレベルUPや情操教育なんかの面で頑張ってあげて欲しいなーと思うのですよ。


人生と言う物が勉強だけではないのは解ります。

けれども、子供がそんな事の意味を解って人生を選んでいる訳では有りません。
子供の頃から全く勉強は出来なくて、それでも立派なスポーツ選手になったと言う方も居ますし、暴走族で手に負えなかった子供が、今では立派な教師や弁護士と言う方も居ます。
ですから私は全否定はしません。
そう言う場合も有るからです。

けれども、それは全てたまたまの事だと思います。
色々ラッキーな出会いや、類(たぐい)まれなる努力の結果でそうなったのであり、どの子にも有りうる事では有りません。
ほっといたらそうなっちゃったって事ではないんです。

んでね、学生の頃にもっと勉強しといたら良かったとかって思う人って多いと思うけど、小学校入学前に何にも出来なかったのよ~って親に言われて、自分の努力が無かったなんて思いますか?
そりゃ自分が悪いんだわと思う?

親がもっと頑張っといてくれたら・・・
なんで教えといてくれんかったんや・・・

って思いません??

あんたって小さい頃から勉強嫌いな子でな~

なんて親に言われて、自分が悪いって思います?

そりゃ育て方が悪かったんと違うんか?って思いません?



ウチの長男は勉強がさっぱりだったんで、だからこそ、長男のなりたい夢を実現させるべく伸ばしてやろうと思いました。

って事でご相談に戻りますが、

『小学校に入る前の上の子にもっと重点を置くべきなのか、
 下の子をもっと伸ばしてあげるべきなのか・・』

ですが、上の子は上の子で、下の子は下の子ですって。


子供を二人産んだら、母は一人であっても、二人の子の母として2倍頑張んなきゃ。

どっちかじゃなく、どっちも!!!なんですよ。

上の子は上の子で対処しなきゃなんないし、下の子は下の子で伸びるものなら伸ばしてあげればイイし。

よく子育て相談なんかで、

『子供達はみんな同じ様に育てて来たんですけど・・・』

なんて話を聞きますが、そもそも同じ様に育てちゃうのが間違いなのよ。


そりゃあね、好き嫌いだとか贅沢だとか非行なんてーのはどの子もダメだけど、それぞれの夢や希望や可能性って言うのは別々の物なんで、向き不向きって言うのもそれぞれでしょ?

肉食獣か?って思うくらいに肉好きな子も居れば、魚さえ出しとけば何にも要らないって言うくらいに魚好きの子も居る訳で、同じオカズを出しても、喜ぶ子も居れば残念な子も居る訳よね?

そんな時は、肉のオカズの時もあれば、今度は魚ねってしますでしょ?



みんな赤が好きって訳じゃないし、男の子だから青が好きって訳でもない。


その子その子に合わせて、その子その子を伸ばしてあげるのが親だと思う訳よ。



ウチの長男は調理師になりたかったから、ズーッとそれを伸ばし続けて現在は調理師で食ってます。

次男は経営戦略なんかが好きで金計算が好きだったんで、大学でマーケティングを学んで、現在は会社員。

それぞれ全くの畑違いだし、趣味も全く違います。
性格も全く違います。

机上の空論ではなく、綺麗事や他人事でもなく、ぶっちゃけハッキリ言いますと、長男の場合は、勉強に付いて行く事さえままならず、この底辺の状況で何とかマトモな社会人にする為にはどうしたもんかと物凄く大変でした。
まぁ、何とかなりましたって言うか、何とかしましたが。

んで、次男の場合、のびのびとスクスクと、少~しでもワンランクUPすればイイな~と言うくらいの流れで育てる事が出来、やっぱ予備知識って言うか、あらかじめ土台が出来ているかスポンジを持っているかってーのは大事だよな~と実感する事しきりです。


長男が小学校に上がった時の成績と言う物は目も当てられないくらいに悲惨な物でして、その悲惨な状況を見た姑は

『ウチの息子は良く出来た!長男は誰に似たんだか!!
 このままだと長男の将来は刑務所行きだ!』

なんて暴言を吐いた訳ですが、

『お前が横から要らん事で口出ししたからだろーが!!
 クソババが勉強なんかせんでエエって言うたんやろが!!』

なんて姑に言った所でどーなるもんでもなく、問題に直面して解決しなきゃなんないのは親と子供な訳です。

相談者さんは常勤のお仕事をお持ちの様ですが、仕事を持っているから出来ないと言う物でもないと思いますよ。
専業主婦だったら出来ると言う物でもないと思いますしね。


でね、結論を言います。

小学校入学前に何をしておけばイイのかと学校関係者に聞けば、

『そんなに特別な事は要りませんよ』と言います。

しかし、その言葉の裏には、

『ただし、入学してから相当親も子も困りますけどね』

と言うのが隠されています。


『読み書きさせた方がイイでしょうか?』

なんて聞いても、

『授業でもさせますから、そんなに頑張られなくても結構ですよ』

と言います。

しかし、その言葉の裏には、

『やっといて下さいなんて言って、教育委員会に告げ口なんかされたら困るし、
 家でシッカリさせといてくれなんて言ったら、教師としての腕が無いんじゃないかになったら困るし。
 第一、出来る親ならそんな事言われなくてもやってる訳だし。』

と言うのが隠されています。

そして、これは教師に対しては大変失礼なんですが、所詮は単年度の付き合いなのが担任です。
それも、1人で数十人の担任な訳です。

1年間で出来なかったからと言って、翌年度も面倒を見てくれる訳では有りません。
学校で何とかさせる様に指導しますって言われたって、出来ないままで進級したら担任とはそれっきりです。

あの先生が大丈夫だと言った何て事は通りませんし、あの先生の腕が無いから、あの先生にほっとかれたからウチの子が出来ないままで進級した何て事も言えません。

学校は教えてくれる場であり、出来る様にしてくれる場ではありません。
出来る様に努力するのは本人なのです。

同じ授業を同じ時間聞いても、出来る子と出来ない子が居るのは皆さんご存知かと思いますが、それを担任の腕のせいにだけしてイイもんでは有りません。

親なんて、我が子一人や二人に手を焼いている訳です。

それを、数十人を数教科に渡って授業をし、それぞれの家庭の状況も考慮しなければならず、それぞれの学習進行具合も把握し、次々と行われる学校行事や表には出ない細かい仕事をしている担任に、1年間で出来ない奴を出来る様にしてやってくれなんて、無茶と言っちゃあ無茶な話なんです。


それを腕が無い教師だと言っちゃあ、カワイソすぎる訳です。
(まぁ、マジで腕の無い教師も居ますがね・・・フッフッフ)


そりゃあそれを職業に選んだのは教師本人ですが、出来なかったで困るのは、結局子供と親であり、進級すれば出来ない状況の上に更に高度な授業の毎日になる訳です。


出来ない物が出来ないままで、更に次の課題も解らない。
そうこうしている内にどんどんと月日は流れて行くって言う状況は、物凄く大変ですよ。

小学校は6年間で中学校は3年間です。
短期決戦だと思って親御さんには頑張って頂きたいですね。

この記事を書いたユーザー

かづ このユーザーの他の記事を見る

言いたい放題の毒舌主婦。
ブログは好き嫌いがハッキリと別れる系。
好きな人にとってはアドバイザーで救世主だが、嫌いな人にとってはクレーマーでトラブルメーカー。
11歳年上の手の掛かる旦那と4匹の猫+生真面目な社会人息子と暮す。
日常のあらゆる事に物言う日々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス