タンパク質だけでは髪は太くならない?

髪の毛はタンパク質で出来ているはずなのに・・・

Licensed by gettyimages ®

髪の毛を太くしようと思い、タンパク質が多いものばかりを食べてもダメです!
それだけでは髪の毛の元になるケラチンにはなりにくいのです。

髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質から出来ていると言われています。しかし、食べ物のタンパク質だけではケラチンにはならないと言われています。

食べ物から摂取したタンパク質は、そのままではケラチンにはならず「タンパク質をいったんアミノ酸に分解していき、そのアミノ酸を再度合成させて、それぞれ必要なタンパク質(ケラチン)を作り出す」ことになります。

タンパク質をアミノ酸に分解するには「亜鉛+ビタミンB」が必要

「亜鉛」を含む、牡蠣 ・スルメ ・ナッツ類

Licensed by gettyimages ®

「ビタミンB」を含む、豚肉・大豆・ウナギ

Licensed by gettyimages ®

タンパク質・亜鉛・ビタミンBを一度に摂取できる食材!

豚レバー

Licensed by gettyimages ®

髪を太くするために必要な要素が入った食材は「豚レバー」です。亜鉛・ビタミンBも豊富!

なかなか普段の食事からバランス良く髪の毛に良い栄養分ばかりを摂るのも難しいです。そんな時は「サプリメント」などで足りない栄養分を摂り入れても良いでしょう。

外側からのケアも怠らないようにしましょう!

Licensed by gettyimages ®

食生活の改善に加え、最も発毛効果に期待できるのが毎日行うヘアケアの積み重ねです。

既に育毛剤を使ったヘアケアに力を入れている方も多いと思います。
育毛剤の効果を引き出すためには、食生活の改善も必要になるため、育毛剤の効果に頼り過ぎることのないようにしましょう。

最後に、育毛剤を使う際、何よりも注意したいのは使用している成分です。刺激が強すぎる成分はどうしても頭皮に負担がかかってしまいます。
コツコツと継続することが重要な育毛対策では、低刺激の「ノンアルコール育毛剤」を使うようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

ScalpBoy このユーザーの他の記事を見る

10代後半で薄毛に気付いて、今までにいろんな育毛系商品を使ってきました。成功体験や辛口商品レビュー、同じ悩みを持つ方が失敗しないように失敗談も交えて情報をまとめていきます!

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス