出典 http://www.dailymail.co.uk

タイの東北部にある人里離れたコーンケーンという地域で、怒りしか湧いてこない信じられない事件が起こりました。

50代の女性が、牛6頭に草を食べさせようと訪れた場所で発見したのは…生まれたばかりの赤ちゃん。しかも、逆さで生き埋めにされていたのです。

出典 http://www.mirror.co.uk

女性が牛を連れある場所を通っている時のこと、どこからか赤ちゃんに泣き声が聞こえてきたそうです。見渡すけれど姿は見えず…声のする方へ近づいていくと、ユーカリの木の下、なんと地面の中から赤ちゃんの足が飛び出しているのを発見したのです。

女性は、無我夢中になり地面を掘ると、そこから出てきたのは生まれたばかりの赤ちゃん。逆さになって生き埋めにされていたのです。生き埋めにされていた自体、許せないのですが、赤ちゃんの体を見て更に信じられないことが、この女性を襲いました。

出典 http://www.mirror.co.uk

この写真が救出時の赤ちゃん。体を見て分かりますか?なんと赤ちゃんの体に14ヶ所にものぼる刺し傷の痕が…信じられない。生まれたばかりの赤ちゃんに誰がこんな残酷なことが出来るのでしょうか。同じ人間のしたことなんて認めたくない程。残虐すぎる。赤い血ではなく緑の血が通った人じゃないかと思いたいくなるくらいです。

出典 http://www.mirror.co.uk

救出されすぐに救急搬送された赤ちゃん。重症ながら一命を取り留めました。生後間もない赤ちゃんを逆さで生き埋め、それだけでなく14ヶ所の刺し傷。誰がこんな残虐非道なことをしたのか。この事件は大きなニュースとなりました。そして、現場に残された足跡、僅かに残ったバイクの痕跡、必死の捜査の末、逮捕されたのは…

この赤ちゃんの実の母親。殺人未遂と保護責任者遺棄罪で逮捕されたのです。目を覆いたくなるよう現実。なんとも、救われない話。お腹をいため産んだ我が子に、なぜ、このようなことが出来るのか。理解できないし、理解しようとも思いません。何かしらの理由があったのかもしれませんが、どんな言い訳をしようと、どんな理由があろうと許せない。

医師の見解によると、赤ちゃんは14ヶ所刺され生き埋めにされたのですが、地面の中に埋められたことで止血が出来たのではないかとのこと。不幸中の幸いです。刺されたまま放置されていたら確実に死に至っていたと思います。けれど、大地に抱かれたことにより赤ちゃんは一命を取り留めることができたのです。

医療スタッフの懸命な処置と逞しい生命力により奇跡的な回復力を見せてくれた赤ちゃん。将来を考えこの子の名前は公にはされていません。ただ、病院では「大地の香り」という意味を持つ「アイディン」という名をつけてもらい多くの人に愛されました。

退院後の赤ちゃんは施設に引き取られ、すくすくと育ち、このような愛らしい笑顔を見せてくれています。彼が大きくなって実の母親にされたことを知った時、どんなにショックを受けるのか計り知れませんが、乗り越える力を持って育ってもらいたい。今、施設では赤ちゃんの新しい家族を探してくれています。何も知らずにいる彼ですが、その過去はとても過酷。けれど、これ以上の悪いことは起きないはず。彼の未来がこれから巡り会う新しい家族と共に幸せであることを願わずにいられません。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス