自分を偽らないことが、大切

毎日毎日過ごす決まったような日常の中で、どれだけ自分を高めて伸ばして輝いていける材料があるのだろうか?

筆者も、毎日決まりきった日常の中でも、優先順位があり、この部分は自分にとって癒しの部分だから、必要な時間だと思えば絶対にそこは欠かさずに続けてゆく。小さな毎日、習慣が未来になった時に、必ず自分の肥やしになって花を咲かせるとわかっているから。

逆に、自分に不要だな、今の自分には必要が無いとわかったら、少しずつ、排除にかかります。
特に人間関係は、その環境にいる間はどうしても、我慢しなくてはならないなんて事もあるんです。でも、その我慢部分が、自分に非がなく、それに対してあれ?納得いかないなあって部分が出てくると、無理して我慢する必要があるのかなと思う。
筆者の場合は、違うと思うと感じてから、行動にするまでが短絡的で、早いので、相手に直球すぎて、関係をぶち壊してしまう威力があるんですが、、。

そこで、本当に学びの人なら、そこに折り合いをつけ、お互いに関係を変えながら進化していい関係になるものだと思います。
でも、相手が変わらない、益々、態度が硬化した場合、自分にとって、本当に必要じゃないんだなあって関係なら、、その関係にピリオドします。仕事ならきっと他にあるし、無理して我慢して戦う意味があるのか?考えて即決するんです。

生活がかかっていても、身体や心を壊してまでいる環境は、自分をいたわれないばかりか、自分の本当の気持ちに蓋をしてしまうので、毎日がどんよりしてしまいます。
そして、長く続けたら、身体のバランス、心のバランスが崩れてしまうんです。

いざとなれば何でもやるよという気持ちがあれば大丈夫

もし、例えばその仕事環境から脱出した時に生活費が足りないなと悩んだりしてしまうなら、その悩んでる時間に、新しい仕事探しに出掛けたらいい。
落ちまくっても、いざなれば温かい居場所が見つかるまでは、日払いバイトだってある。
命があれば、何でもできる。
それに、心が元気なら、大丈夫。。
ブレーキをはずしてアクセルを踏むことも、大事だったりします。

結婚生活でも同じ

筆者は、今独身ですが、結婚していた時代もありましたが、色々我慢していたり、本当に学びだと我慢しつづけてた事もありましたが、正直、離婚してから、毎日幸せで、離婚を選んで良かったなあと感じています。
愛がないけど安定な生活を選ぶのもまた価値観の違い。
筆者の場合は、一生愛しつづける関係が結婚生活だと思いたかった。結婚という縛りがなくても、愛しつづける人が近くにいることを、幸せと感じるタイプだから。一番良いのは一生愛し合える相手が結婚相手なら離婚しなくて良かったのですが、、笑
とにかく、自分のトキメク方向に、進んでいきました。
筆者の場合、実感したのは、愛がある人に対しては自分がどんどん目覚めて覚醒されて色々成長するんです。が、、愛がない方といても、自分が我慢の学びばかりで、満たされないと不満だらけになってしまうんです。
輝いていける自分には、やはり離婚の選択が一番良かったんだなあと思います。

どんな選択でも自分がトキメクなら大丈夫

筆者のバツイチ友達は、52歳です。見た目は、綺麗だし52には見えません。
彼女は、結婚生活時代はセレブ妻だったのですが、姑さんと同居していて毎日、見えるイジメを受けていました。
目の前で料理を捨てられたり、とにかく子供たちさえ、ママ大丈夫?ってかけよるくらいのイジメだったんですって。。
長男は跡取りにしたくて、可愛がられたそうですが、次男、長女はやはり、姑は可愛がらなかったそうです。

旦那さんは母親の言いなりでいつしか愛は冷めたそうです。友達は、仕事やら趣味で忙しくして家庭に帰る時間を極力減らすような行動になっていったそうです。
子供の為にこの生活を耐えよう、、ずっと耐えつづけた友達はあるとき、子宮に病を発症しました。
そして、手術をして健康は取り戻しましたが、決めたそうです。離婚しようと。

そこから、セレブ彼女は貯蓄しまくり、家を出ました。3人の子供を連れ、子供たちは母親が幸せになるならと喜んでついてきたそうです。

離婚をして、幸せになれるなら子供たちはわかってくれる。
離婚して不幸せなら、子供たちには、やっぱり不幸なだけ。
子供にも、我慢しないで気持ちを丸裸にして伝えればなにかを感じとってくれるのかもしれません。

幸せへ向かい魂の喜ぶ方に向かいます。

魂が喜んでいく方向とはなんだろう?筆者の場合は、楽しく過ごせ学びが沢山したいって感じる性質で、人をサポートすることが強みであり、目指すのは、慈愛精神、奉仕精神らしいんです。
この自分に辿りついたのは、色々な方のブログとか読み周り自分に合ったブログを見つけて、研究しまくりました。そして、数字から読み解く自分を見つけた。、これ私だ。当たりかも。とあっさり答えに辿りついたのです。
数秘術という数字統計学で生年月日を見たりすると自分は数字3であり、とにかく、飽きっぽい、視点がコロコロ変わる。まるで子供らしい数字の性質らしく、当たっているなあと感じました。
そんな所から客観的に自分を探っていくうちに、自分流生きる道が少しずつわかってきました。
生年月日は自分で選んで生まれてきてる。まさしくその通りな気がします。

波動の高い人とどんどん話すといいかも

自分のエネルギー加減により、1つ壁にぶち当たった時の強さが変わります。エネルギーが弱ってるときは、壁が本当にきつい。
逆にエネルギーが強い時は、割と楽に超えてしまえる場合もあったり、、

嫌な感じなエネルギーの時は周りもネガティブ思考なエネルギーが寄ってきやすかったりして、ダブルで弱まります。
なので常に良いエネルギーを通すために、おすすめは、自分に合う波動の高い人を見つけて交流を持つこと。
筆者の場合、気功占い師の方との波動が合うので毎月、鑑定をしてもらう訳じゃないのに、世間話をしに、わざわざ占い師に電話して3分とかお話します。
すると、筆者の場合、波動が高まりプラスエネルギーが通りやすくなります。
筆者は、気功を習っていたことがあり、気の感覚が合うなあという方は何となく感じるものがあるので、見つけたら興奮しちゃいます。笑

上司、友達、彼女、彼氏どんなひとにでも、気の波動が近いとか合う方というのは、気分も上がりますので、そういう方を見つけられたら、幸せですよ

逆に合わないエネルギーは、無理して通さなくて良いと感じています。

とにかく楽しもう。

これからも、感じるのは自分の肉体年齢を考え過ぎず、柔らかな本当に必要気持ちを、読取りながら、自分を楽しみながら自己流の生きる道を進んで行きたい。
人それぞれいろんな価値観、考え方があり、その中でみんな感じる幸せも違います。
だから、それぞれに合う生きる道を進んで行けるように、楽しく時には悩みながら。。
進んでいこう。
未来は自分の手の中に。。
自分が喜んでいく所にいこう。

筆者にとって
愛=生命力。仕事=学び 趣味=輝いていける場所

アニマル=筆者のシンボル。癒し。アニマル達みたいに素直に純真な気持ちで。

素敵な時間を過ごしてみようかな

毎日毎日飽きてしまうお仕事。そんな筆者は平日仕事と副業をして、バランスを保ちながらなんとか、やり抜いてます。
空いた時間には、気になることをやり尽くす気持ちで動き出しています。

素敵な時間を過ごすことも、自分の生きる道を選ぶヒントになるのでじゃんじゃん取り入れます。自分流生きる道を模索しながら、今日も楽しく過ごしましょう。

皆様にとって大切な自分流生きる道に辿り着けますように願いながら、、、。

この記事を書いたユーザー

ktfullm(Ŏ艸Ŏ)愛パワーレンジャー このユーザーの他の記事を見る

人生死ぬ時まで楽しみたい(Ŏ艸Ŏ)幸せ楽しい愛されて愛しぬく人生を全うしたい。
その為に自分を愛して、周りを優しい愛で包みたい。
色々な経験を経ながら
感じるままに魂赴くままに。。直感で。。
愛と命。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • おでかけ
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • 感動
  • ファッション
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス