なんなら一緒に楽しんじゃおう

子育ては、頑張ってしなければと気負ってしまうことが多いと思います。

でも子供は、親が気負っているなどとはもちろん考えず、興味のあることを一緒に楽しもうと、ひたすら親を引き込もうとしてきます

親側が特には興味のない、アニメやグッズ、ゲームやアイドルなどを、あるときは『これこれこういうところが面白いから』と誘い、またあるときは『いいから!何も言わずに見て!』と半ば強制されて、その世界を覗くことがあります

その顕著な例がアニメ『日常』でした
子供に『いいから、流すから何も言わずに見て!絶対面白いから!ほんとに!だまされたって後で言ってもいいから!』
そう言われてしぶしぶ見たのです

結果見事にはまりまして、台詞を覚えてしまうまで見るようになっていました

親にとってまったく興味がないまま終わったり、まれに逆に親のほうがドはまりしてしまったりで、はまると子供も喜ぶのですが、ふと振り返ったときに『自分が豊かになっている』そして『世間の流れについていっている』と気づきました

私はただ、子供と楽しんでいただけなのにです
頑張って子育てしなくちゃ、と思っていたのに、子供という『私』とは別人格の人間が、『私』では絶対触れなかったであろう世界をどんどん紹介してくれたのです

子供が無理やりにでもねじ込んできてくれたおかげで、知っている分野は広がり、知識も増えたのです

君の功績は偉大だなあ

この記事を書いたユーザー

ちきこ このユーザーの他の記事を見る

子供はもう大きくなり、手が掛からなくなりました
楽しい文章で面白い記事を書きたいと思います

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 話題
  • 国内旅行
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス