学校で

先週の月曜日、6歳のレックス・カミレリは、クラスの女の子から「あなたのお兄さん、変だわ!」と言われてとても傷つきました。

手紙

そこでレックスは家に帰ってから、学校にあてて手紙を書きました。

出典 https://www.facebook.com

レックスが書いた手紙

内容

月曜日、私はクラスのある女の子から私の兄が変だと言われてとても傷つきました。兄はけして変ではありません。私の兄は自閉症です。私は兄が大好きです。

もし、学校で障害者について学ぶことができるのなら、私は学びたいと思います。他の人たちも障害者についてちゃんと学んで理解し、皆、平等に扱われるべきだと思います。

出典 https://www.facebook.com

レックスの手紙の内容

母の投稿

”私の娘、レックスは、クラスの女の子から自閉症の兄のことを変だと言われて傷つきました。レックスは「お兄ちゃんは自閉症なの」とその女の子に説明したそうですが、その子は自閉症というものがどういうものなのか知らなかったそうです。

知らないから理解できないのだと気が付いたレックスは、学校の次の評議会で『障害者について学校で教育する』ことについて話し合ってほしいと、手紙を書きました。(その時に母の私に単語のスペルについて手伝ってくれとレックスに頼まれました)

レックスは、この手紙を木曜日に学校に渡しました。

私は、わずか6歳の娘が障害者を持つ人々に対して、このように感じ、他の子たちももっと障害者について知るべきだと考え、学校で障害者について生徒たちに教育してほしいと感じたこと、そしてそれを学校にちゃんと伝えられたことに、大変誇りを感じています。

どうか娘のこの願いが叶いますように、娘の手紙をシェアしていただけませんか?”

とレックスの母親はフェイスブックに投稿しました。

反響

この母親の投稿に対して、現段階で、いいね!は2万3千以上、シェアは2万6千件以上、コメントは1,250件以上とたくさんの人々が反応しています。

「レックス、よくやった!」「レックスはスーパースターだね!」「なんて素晴らしいお子さんとご家族なんでしょう!」「グッドラック!」「他の子供たちもこの手紙を読むべきだわ!」「もちろん、協力させていただきます、レックスの願いが叶いますに!」と多くの賛同する投稿が寄せられています。

国立自閉症協会も共有

レックスのこの手紙は、イギリスの国立自閉症協会のフェイスブックページでも共有されました。

彼らは「私たちは、クラスの中でもっと自閉症の子供に対する理解を深め、全国のすべての学校や保育園で自閉症について学ぶ機会を持つべきだと考えています。」としています。

参考記事

最後に

時に人は、平均的な人を良しとし、違う行動をとる人を嫌ったり卑下する傾向があり、そして知らないことが偏見を呼び、いじめを発生させてしまうこともあります。

本当は、他人を卑下したり、偏見を持ったり、いじめたりする人の方こそが、真の”変な人”なのですが…そのことにそのようなことをしている本人は気が付いていないことが残念です。

関連記事

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス