エコロジーというのは日本だけではなく世界でも少しずつ重要視されてきています。香港ではさまざまな展示会が開催されていて、その度に大量のゴミが排出されています。香港の大手デベロッパーの太古地産は香港の緑とエコロジーについて活動している「Honestly Green」と提携して世界中の美味しい料理が味わえる屋外イベント「糖廠街市集」(Tong Chong Street Market)を12月18日まで開催しています。

出典Swire Properties

この通りは、大企業が入っているオフィスビルが周辺にたくさんある事で有名で、西洋人労働者などをターゲットにお洒落な店も建ち並んでいます。こういった食べ物のイベントではたくさんの紙皿、割り箸、フォーク、スプーンのゴミが大量発生しますが、HonestlyGreenのような団体と手を組むことで、余分なゴミの排出を防ごうとしているもので、ステンレス製のストロー、再利用ができる紙コップや包装紙のほか、食用のスプーンやボウルが使われるなど徹底しています。 
また、1回50香港ドル払うとワークショップに参加できるのですが、冷蔵庫に残ってしまった食べ物を使い、しかもアレルギーフリーの料理を学ぶ事が出来ます。

出典Swire Properties

出典Swire Properties

出典Swire Properties

気になる出展する店ですが、サンドイッチ店「Bread& Beast」、手造りアイスクリームで知られる「ISEE iSEE」、丼の上に具材をトッピングするスタイルの日本食を提供する「Polori」、ホットドッグ専門店「Popit」、オンラインでクッキーを販売する「Cookieboy」。また、パンやビール、オーストラリアの食材専門の店など合わせて20を超える店がブースを構えます。また、このイベント会場限定メニューも用意しています。

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス