最近ではタレントのベッキー、15年には水野美紀、柴崎コウなど女優、有名タレントも参加をしていることで話題になっているヘアードネーション。
小林麻央さんも20日のブログにてhttp://ameblo.jp/maokobayashi0721/entrylist.htmlヘアードネーションのことに触れています。「長い髪を切ったとき、思い立てばよかった。」と。

ブログやSNS、口コミで拡大 ヘアドネーションについて、髪の寄付受付からウイッグ製作までを扱うNPO法人「Japan HairDonation & Charity(JHDAC=ジャーダック)」の渡辺貴一事務局長は、J-CASTヘルスケアの取材に対し、「09年の法人設立以来、寄付の量は右肩上がりで増えています」と明かす。毎日50~100件の髪が郵便で送られてくるという。だが実は、「予算の都合もあって、大々的にPR活動ができているわけではありません」。(アメーバニュースより)
やはり有名人が発信していることが大きな原動力となっているようですね。
ウイッグの作成には最低31cm以上の長さが必要とされるため、寄付する側も相当の決心が必要です。特に子供でもロングヘアのウイッグの需要も増えているため、50cm以上のドネーションはとても貴重なため高価にもなります。少しでも需要を満たせる人毛が集まって、必要な人が安価に入手できるようになればと思います。伸ばして切れてしまうようなことがなければ、少々の髪の毛に傷みがあっても大丈夫のようです。
ドネーションのことに触れましたが、ウイッグのことにも少し触れておきます。
私自身も抗がん剤の治療後にウイッグを着用しています。人毛は高価なため、手軽な人工毛を使用しています。それぞれに利点、欠点もあるので上手に使い分けることが望ましいと思っています。

人毛ウイッグの利点
・見た目と手触りが自然
・熱に強いため、カラーリング・パーマが可能
・(同じく熱に強いので)ヘアーアイロンなどで、スタイリングも自由自在
・地毛に馴染みやすい
・ウイッグ用のシャンプー、リンスを購入する必要はなし。
人毛ウイッグの欠点
・高価である
・髪質に差異がある
・シャンプーなどの手入れは頻回にしないといけない
人工毛の利点
・価格設定が安い
・水に濡れてもすぐに乾燥する
・色褪せなどの劣化がほとんどない
・型崩れしにくく、スタイリングが長持ち
・デザインが豊富
人工毛の欠点
・パーマやカラーリングができない
・耐熱ウイッグでなければ、ヘアーアイロンなども使用不可
・ウイッグ用のシャンプー・リンスが必要
・化学繊維のためテカリが生じる。
・ウイッグ用のブラシが必要(静電気等の問題のため)
私自身は人毛ウイッグは使用していないので、比較したうえでの感想をここでは述べられませんが、帽子などと組み合わせることが多いので、人工ウイッグでもあまり気にならずに使用しています。一方で治療終了後、半年が経過するため、そろそろ脱ウイッグを検討中です。
人工ウイッグを選んだ理由は短期間の使用に限られているという観点からコストを抑えたため。また種類も豊富で実際に着用してみると意外にナチュラルに感じたからです。
使う方のライフスタイルにも応じて様々ですね。
ちなみに私はアマゾンのサイトより某ショップにて購入しました。
こちらは通販でも購入できますが、直接ショップに行くと、その場でウイッグのカットなどのスタイリングもしてくれます。豊富なウイッグを心ゆくまで試着ができるようです。
最後に
がん治療を経験した者として、治療だけでも辛い中で、ウイッグなどの工夫で闘病生活が少しでも快適にできるようになればと思い、この記事を書かせていただきました。

ウイッグ

出典Amazon公式サイト

医療用人工ウイッグ

医療用ウイッグ

出典Amazon公式サイト

医療用女性ウイッグ

この記事を書いたユーザー

tamami このユーザーの他の記事を見る

看護師としての経験や子育てをする中での気づきなどを生かした記事を投稿していきます。

得意ジャンル
  • 話題
  • おでかけ
  • グルメ
  • テレビ
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス