美おっぱいコンテスト2016が開催

日本一の美しいおっぱいを決める「美おっぱいコンテスト2016」が10月18日、都内で行われ、フリーターの中岡龍子(22)さんがグランプリに輝きました。

準グランプリにはダンサーのLUNA(22)、モデルの中北成美(26)、PEACH JOHN賞にはタレントの繭がそれぞれ受賞しました。

モデルの中北成美 (26)とグランプリの中岡龍子(22)

モデルやグラビア経験もある女性が勝ち進んできた中最終的に選ばれたのは、芸能活動などの経験のない、中岡龍子さん。

本人も信じられないといった感じではあったが、確かに美しいバストを持っているので納得ではないでしょうか?

美しい!95cmFカップバストを持つ中岡龍子さん!

小さい頃から卓球や水泳などのスポーツをやっていた中岡さん。そこから大きくなり、マッサージやクリームを塗ったり、保湿もしっかりやっていたそうです。

スポーツがおっぱいに影響あるのかしら?と女性は真剣に考えた人も多いのではないでしょうか。

中岡さんのInstagramに上げられている写真は本当に素人さんなの!?とゆうくらい美人さんでびっくりします。

中岡さんは女優や作詞家を目指しているそうで、「目標は長谷川潤さんと深田恭子さんです」といっている様です。

このおっぱいコンテストに賛否両論!卑猥?性の商品化?

美しいものは美しい!何がいけないの?

そもそもおっぱいとは?おっぱいに性的興奮をするのは人間だけ。

動物学者、デズモンド・モリスの『裸のサル』による説によると、ヒトの祖先が四足歩行していた時代は尻が赤く大きければ性的なアピールが出来た。

やがて二足歩行をする様になるに従い、尻での性的アピールは目立たなくなる様になった。そのため胸部を大きくするという種が現れ生き残っていったのではないか、とする仮説である。

この他にも乳房の発達とその性的意味に関しては多くの議論があり、定説はない。性的な意味を否定する説すらある。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

諸説あるものの、性的アピールの一部になってしまいがちなのがおっぱいです。

その為、この美しいおっぱいコンテストが批判されることもあるでは無いでしょうか。

実際にこのコンテストのニュースを子供に見せたく無いという親御さんや、興奮したという男性は多かった様です。

女性としての美しさを考える…

今回グランプリに選ばれた中岡さん、Fカップサイズあるバストを武器にこれから芸能活動などをしていくのでしょうか。

社会で強く生きる女性が増える中、性的アピールとも取られがちなおっぱいをどう美しく見せていくのでしょうか。

美しさとはなんなのでしょうか。

筆者は、どんなおっぱいだろうが、どんな顔だろうが生き生きと未来に向かう人は皆美しいのではないだろうかと思います。

この記事を書いたユーザー

aoi このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライターのaoiです。
Twitterはじめました!フォローお願いします( ´ ▽ ` )

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 育児
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス