ヤマハ発動機では"走る楽しさと実用機能を新ボディに調和させた新型スクーター「XMAX 300」"を、2017年より欧州向けモデルとしてデリバリー開始すると発表しました。これはちょっと気になります!

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

こ最近、国内スクーター・マーケットにびっくりするようなトピックが聞こえてこない中、ヤマハ発動機からなんだか気になる発表がありました。それが「XMAX 300」という新型スクーターを2017年3月、欧州マーケット向けにデビューさせるというもの。
欧州では「XMAX 250」というモデルが現行版としてデリバリーされていますが、今回の「XMAX 300」はそのモデルチェンジ版となります。製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が担当し、グローバルモデルとして欧州のみならず世界各国への展開を予定しているそうです。

うなんです。「世界各国への展開を予定している」という発表内容だけに、日本国内向けのデリバリーにも期待が高まるというものです。ただ、その場合に300ccのままなのか、それとも250ccにスケールダウンしてくるのかという点が気になります。
じつは日本の車検制度の関係で、2輪車としては"車検のいらない250cc"が一つの区切りとされています。そしてもう一つ。免許区分の関係で普通二輪免許(以前の中型免許)で乗ることができる最大排気量、400ccも一つの区切りとなっています。
そのため300ccなどの中間排気量モデルは、これまであまりヒットモデルとなることがありませんでした。だけどそういった風習は、ここに来て少しようすが変わり始めているようです。

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

れまでは「どうせ車検を受けるんだから、最大排気量のほうがスペックも走りも良いに決っている。それなら400ccのほうが絶対にお得なハズ!」というような判断がされていたように思います。それはそれで良いのですが、大きなエンジンを載せる車体は大きく重く、押し回したりするときに不満を覚えるケースも多かったのではないでしょうか。
ところが300ccクラスの場合は250ccクラスと遜色のない車体となるので、押し回しもずいぶんとラクな印象ですし、250ccクラスよりも高性能であることから世界的にも見直されるようになりました。
もちろん免許があれば400ccを乗りこなしたり、それ以上の排気量を軽々とコントロールするというのもカッコ良いものですよね。

2015年のヤマハ発動機による調査では、欧州の126~300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があるとしています。主に通勤用途が中心となっていて、現行版の「XMAX 250」はスタイリングと走りの良さが評価されている人気モデルの1台です。ただ近年では排気量に余裕のある300ccへの注目度が高まってきているので、新たに開発されたのが「XMAX 300」というワケです。

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

出典画像提供:ヤマハ発動機

マハ発動機では"MAXimize, commuting FUNction"コンセプトに基づき、走る楽しさと実用機能を調和させ、グローバル展開を担える製品として設計したのが「XMAX 300」であると、この新型スクーターに自信を見せます。
特徴となる主なポイントは以下の通りです。
1■クラス最高レベルの加速性能&優れた環境性能を備える新設計水冷・BLUE COREエンジン
2■スポーティな走りを支える179kg軽量ボディ&モーターサイクル型フロントフォーク
3■快適な運転を支援するABS、TCS(トラクションコントロールシステム)
4■ヘルメット×2個を収納できるシート下トランク
5■キーを取り出すことなく、メインスイッチ操作が行えるスマートキーシステム
6■MAXシリーズのDNAを継承しつつXMAXとしての進化を加えた新デザイン
デザインはMAXシリーズの特徴である"ブーメラン"モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、"X"をモチーフとしたフェイス&テールを採用し、細部の仕上げや質感にまでこだわったものとしています。
ここのところトピック不足だった国内スクーター・マーケットだけに、ぜひ国内へのデリバリーも決まると良いんだけどなって個人的には思ってます。
ちなみに欧州各国の税率の違いなどもあって実際の小売価格とは違いますが、税別価格は5,499ユーロ(欧州参考小売価格)、販売計画は6,000台/年間(EU圏内)だそうです。

この記事を書いたユーザー

Buono/隅本辰哉 このユーザーの他の記事を見る

二輪ジャーナリストとしてバイク&スクーター雑誌を中心として活動中。主に新旧スクーターに関する記事が専門。 とくにベスパを得意としていてベスパ関連書物などの出版もしています。なのでベスパを軸にスクーターやバイクのこと、ときには取材で出かけた食や遊びや旅のことまで書き記していきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス