支援センターって、なに?!

妊娠、出産を経験して初めて支援センターと言う言葉を耳にしたお母さんも多いのではないでしょうか。
カンタンに言ってしまえば、支援センターは赤ちゃんとママのための遊ぶスペース兼情報収集所のような場所です。

子育て支援センター(こそだてしえんセンター)は、厚生労働省(当時 厚生省)の通達「特別保育事業の実施について」に基づく施設。
地域全体で子育てを支援する基盤の形成を図るため、子育て家庭の支援活動の企画、調整、実施を担当する職員を配置し、子育て家庭等に対する育児不安等についての相談指導、子育てサークル等への支援、地域の保育需要に応じた特別保育事業等の積極的な実施・普及促進及びベビーシッターなどの地域の保育資源の情報提供等、並びに家庭的保育を行う者への支援などを実施することにより、地域の子育て家庭に対する育児支援を行うことを目的とする。
本事業の実施主体は、市町村(特別区を含む)。なお、保育所等の児童福祉施設又は医療施設を経営する者に委託して実施することもできる。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

筆者の住んでいる地域の支援センターでは、保育園幼稚園の紹介一覧の冊子や、子育てに関する雑誌なども置いてあります。

育児の悩み、他のママはどうしてる?!赤ちゃんとのふれあい遊びがイマイチわからない!そんなお母さんにオススメ!

子育てをしていると、わからないことだらけで不安になったり対処法はどうしたらいいのか悩んだりしますよね。近くに頼れる人がいなかったり遠方から越して生活していたら尚更。そんなお母さんの為に、支援センターは存在するのです。
筆者の住む地域では、支援センターを利用するにあたり予約は必要なく、保育園に併設されているセンターが殆どです。利用方法などは保育士の方が説明して下さり、授乳スペースももちろんあります。
育児休暇中のお母さんには保育園の案内もしてくれたり(入所受付ではありません)、育児の悩みも新身になって聞いてくださり、赤ちゃんにもお母さんにも優しい場所です。
また、0歳児のみ利用可能な曜日があり、その曜日は走り回る子が居ないので、同じくらいの月齢の赤ちゃんたちだけで過ごせます。
※あくまでの筆者の住んでいる地域なので、内容が多少異なることもありますので、各市町村に問い合わせてから利用するとより安心出来ると思います。

ママ友グループが出来上がっている中に入っていくのが不安…

育児の相談ができるとはいえ、1番の心配と言っても過言ではないのが「ママ友グループ」ですよね。
筆者もそうでした。もう既に出来上がっているママ友グループに飛び込むのって、勇気が入りますよね。
ですが、支援センターの目的はあくまでも「赤ちゃんとママの為のもの」です。
赤ちゃんがおうちとは違う場所に刺激を受けたり、他の赤ちゃんを見て刺激を受ける場所です。 まずは「赤ちゃんのため…!」と思って踏み出してみましょう。
そして案外、0歳児の赤ちゃんだとママ友グループすら存在しないのがほとんどです。
何故なら他のママも初めてママになったばかりの人たちだからです。
筆者の通っている支援センターは、ほとんど赤ちゃんと一対一で来ているお母さんばかりで、同じくらいの月齢の赤ちゃんがいたらちょっと話す…といった感じのお母さんが多いです。
もちろん通っているうちにママ友ができるというのもありますが、悩みを打ち明けあったり育児に関する話から仲良くなるので、ドラマでみるような派閥はそうありません。
なのでもし支援センターに行くか迷われている方は、赤ちゃんの為と思って1歩踏み出してみてください!

体験談を少し…

筆者は支援センターに行くのが億劫で利用し始めたのは息子が5ヶ月頃です。
初めての日は緊張し過ぎてあまり覚えていません。笑
ですが、保育士の方が利用方法を説明して下さったあと他のお母さんたちの所へ行って「今日初めてのママですーよろしくお願いしますねー♪」と誘導してくださり、たまたま隣に座ったお母さんと赤ちゃんが、筆者と同い年で赤ちゃん同士も同じ誕生月で意気投合したのです。別の日は違うお母さんと話ができたり、保育士さんに嫁姑問題(笑)を聞いてもらったり子育てについて相談したり、とにかくこの時期身内以外の大人との会話に飢えていたので私もリフレッシュ出来ました。

無理せず、お母さんと赤ちゃんのペースで利用しよう

最後に、支援センターは強制的に行く場所ではありません。お母さんの気分が乗らなかったり、赤ちゃんが機嫌が良くない時は無理せず過しましょう。
保活の一環で利用するお母さんもいれば、息抜きに…他のお母さんと話したくて、我が子に友だちを作って上げたいなど、理由も利用方法も様々です。
ゆっくり赤ちゃんとお母さんのペースで、家族以外の世界と触れさせてあげましょう。

この記事を書いたユーザー

よこやまえりこ このユーザーの他の記事を見る

オッサン感漂う赤子(おとこのこ)の母。保育士*結婚式場花屋勤務の経験を活かしてスタイや花冠、レジン作品などをちまちま作りハンドメイド作家としてネット販売やマルシェ出店などの活動中。心のこもったハンドメイド商品の紹介をしてハンドメイドの暖かさや楽しみを知ってもらい広めていきたいと思っております。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 育児
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス